《エビ味噌まぜご飯》カオ クルック ガピの正しい食べ方、作り方

料理

妙に日本人に人気のあるエビ味噌混ぜご飯。未だかつて味わったことのないうま味が、うま味に敏感な日本人を惹きつける。そんなエビ味噌ご飯のおいしさの秘密、意外に知られていない正しい食べ方、などについての話。

スポンサーリンク

エビ味噌混ぜご飯、カオクルック ガピ

エビ味噌、カピを使った代表的料理はカピのディップ(ナムプリック カピ)とカピご飯(カオ クルック カピ)。
カピといえばタイ人はまずナムプリック カピだけれど、日本人はカピご飯を思い浮かべる人の方が多いかもしれない。

カピのディップ、ナムプリック カピ

カピのディップ、ナムプリック カピ

カオ(ご飯)クルック(混ぜる)カピはカピとご飯を混ぜて炒めただけの簡単な料理。
本来はバンコクを中心とした中部地方で残り物のご飯がおいしく食べられるようカピを混ぜて食べられていた節約料理が進化したらしい。
できあがったカピご飯は皿に盛り、シャロット、きゅうり、揚げた肉、あるいは甘辛く煮た肉や干しエビ、卵焼き、ザボンの粒々、青マンゴーの千切り、などの具で回りを彩る。
にぎやかで楽しいタイ風五目ご飯といったところ。

スポンサーリンク

カピ混ぜご飯、妙に日本人に人気がある。
そうタイ料理に馴染みがない人でも、
「私、この料理、大好き!」
とおっしゃる熱烈なファンが少なくない。
日本人はうま味に敏感。
もしかすると、未だかつて味わったことのないエビ味噌のうま味に新鮮味を感じ惹かれてしまうのかもしれない。

エビ味噌の定番料理と生涯最高のエビ味噌
エビ味噌の定番料理といえばナンプリック ガピ、シュリンプ ペースト ディップ。このおいしさを知る日本人は少ないけれど、タイの代表的料理の一つに数えられるくらい有名な料理。今回はナンプリック ガピをおいしく食べる方法についての話。

おいしいエビ味噌混ぜご飯のポイント

写真は村の人が市場で売っていたカピ混ぜご飯。
写真を撮るつもりがなかったので袋に入っていたのをそのままぶちまけたため無残な様相だけれど味はよかった。

カピ混ぜご飯のポイントは一にも二にもカピ。
まっとうなカピを使っていればとてもおいしい。
でもたいていの店では臭いの強い安物のカピを混ぜている。
だから臭い。
まっとうなカピを食べたことのない人は気にしないようだけどね。

このカピ混ぜご飯を作ったのは村に嫁いできた南部出身の人なのでさすがに臭いカピは使っていないようだった。
1袋25バーツと格安なこともあってホーローの大きな器に山盛りあったカピ混ぜご飯は瞬く間に売り切れた。
具は、青マンゴー、卵焼き、中国ソーセージ(クンチアン)、豚の甘煮(ムー ワーン)2種、シャロット、きゅうり。
ぼくはこういったちまちましている具がたくさん入っている料理がたまらなく好きである。
これなら毎日食べてもいいと思ったくらいだけど、あまり利益がないらしくごくたまにしかありつけないのが残念である。

スポンサーリンク

ガピご飯の正しい食べ方

カオ クルック カピの食べ方なのだけれど、ご飯を回りの具とぐちゃぐちゃに混ぜて食べる人がいる。
それはないだろう。
せっかく美しく盛りつけているのになんでわざわざ見苦しくするのか。
エビ味噌ご飯はそれぞれの具とご飯を混ぜずに頂く物である。
と強く思い込んでいたのだけれど、実はタイでも意見が分かれていて、ネットで行ったアンケート調査ではなんと6割がぐちゃ混ぜ派。

これには驚いた。
ウーン。なんだか許せない(笑)。
エビ味噌混ぜご飯というのはエビ味噌をご飯にまぶすことなのだけれど、案外回りの具を混ぜる意味も含んでいるのかもしれないね。
確かにみなぐちゃぐちゃに混ぜた方が味は良くなるような気もするが・・・。
冷やし中華の食べ方論争みたいだね。
あなたはどちら派?

本場のカオクルックカピの作り方

カピご飯そのものを作るのは簡単だけれど、うまく仕上げるのは簡単ではない。
人によっては先にご飯とカピを混ぜたりあるいはカピを先に油で炒めたりと色々工夫している。
大切なのはご飯をべちょべちょにさせずパラリと仕上げること。

材料
・カピ            大さじ1
・ご飯           2杯
・にんにく   大さじ1(荒く刻む)
・油               適宜

*レシピの材料には「上質のカピ」とあった。普通こんなこと書かない。
いかに良いカピを使うことが大切かと言うこと。

スポンサーリンク

具材
・千切り青マンゴー、ほぐしたザボン (酸っぱい物がよい)
・シャロット {スライス}
・長ささげ (小さく刻む。普通は生)
・卵焼き (細切り)
・きゅうり (細切り、もしくは食べやすくスライス)
・ライム
・豚の甘煮(下記参照)

カピご飯の作り方
1. 油をフライパンに引く。熱くなればニンニクを入れて香りが立つまで炒める。
2. カピを入れ柔らかくなるまで炒める。
3. ご飯を加えてよく混ぜ合わせ、仕上がったら茶碗を利用して皿に美しく盛る。
4. ご飯の回りに具材を盛りつける。

*先に水で溶いたカピを熱々ご飯と混ぜ合わせてから炒めるレシピもある。

豚の甘煮(ムーワーン)の作り方
具は切ればよいものが多いけれど、豚の甘煮は少し手間がかかる。
でもこれがあるからこそカオ クルック カピがおいしく頂けるので頑張ってください。

材料
・三枚肉                       100g
・パームシュガー     大さじ4 (ちょっと多すぎると思う)
・干しエビ                  大さじ1
・白しょうゆ             大さじ3
・油                              適宜

作り方

1. フライパンに少し油を引く。熱くなればパームシュガーを入れて色が変わるまで炒め、豚肉と干しエビを投入。よく炒め合わせる。
2. 水を少し加え、白しょうゆで味付け、よくなじませる。汁が乾いてくれば出来上がり。

おいしいタイ料理を作りたいならエビ味噌代を惜しむな
タイ料理をおいしく作りたいのなら、味のベースであるナムプラーとエビ味噌(カピ)にお金の出し惜しみをしないこと。ナムプラーの選び方については書いたことがあるので今回はカピについての話。
料理
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました