料理

《40年タイ料理を食べてきた》パットペット辛い炒め物

中国人によって油とともにタイへ伝えられた炒め物。現在、タイ料理の炒め物は辛くない炒め物と辛い炒め物に大別でき、辛い炒め物をパット(炒める)ペット(辛い)という。今回はこの辛い炒め物についての話。
タイ語

タイ語の辞書にはカエルという言葉がない

タイ語ではカエルやハチなどは種類別に名前が異なり、カエル、ハチという一括りにした名前がありません。それはなぜなのか、という話です。
料理

《変幻自在でスパイシー》タイの焼きそば酔っぱらい炒め

いつの間にかタイ焼きそば「酔っぱらい炒め(キーマオ)」が日本人の心をがわしづかみ。静かなブームとなっているようです。日本では麺料理と思われているキーマオ、もともとはガパオ風の炒め物。ちょっと変わった料理キーマオの話です。
スポンサーリンク
料理

《田の地鶏》タイではおいしいカエルを食べなさい

勇気を出して食べてみた!とか、日本ではカエルがゲテモノのように扱われているのはカエルそのものがおいしくないから。タイのカエルは味がよく下手物どころか上手物、という話です。
果物

日本人はパインピザをなぜ食べない

日本ではパイナップルがトッピングされたピザの人気が今ひとつ。暖かいパイナップルに抵抗があるのだそうです。本当のところパイナップルは熱を通してもご飯のおかずにしてもおいしいよ、という話。
動植物

コブラに咬まれて飼い犬が死んだ

日本では無毒のアミメニシキヘビが逃げただけで大騒ぎしましたが、タイでは毒蛇コブラが庭を這っていてもニュースにはなりません。飼い犬が庭に迷い込んだコブラと死闘を繰り広げコブラの怖さをまざまざと見せつけられた話です。
料理

《パット シーユー》タイ風焼きうどんのすべて&本場レシピ

ここのところぐんぐん知名度が上がっているパットシーユー(シーイウ)は幅広の米粉麺(クエティオ センヤイ)を黒醤油で炒めた料理。タイの3大炒め麺の一つに数えられています。今回はこのタイ式焼うどん、パットシーユーについての話です。
料理

《タイスキの正しい食べ方とマナー》スープとタレの作り方

「タイスキを食べなければタイへ行ったといえない」昔から大人気のタイスキ。日本人はタイスキを食べた後、シメをしますが、タイではシメをしないしあまりよく思われていません。タイスキの正しい食べ方とマナー、スープとタレの作り方の話です。
動植物

《家でも日常茶飯事ヘビ事件》タイはヘビがうじゃうじゃ3

ほんとタイはヘビが多い。数日前も飼い犬たちが騒ぐので外に出てみればよってたかってコブラを引き裂いているところでした。ポストにヘビが入っていたりサンダルの上にトグロを巻いていたり、我が家周辺で起きたヘビ事件です。
動植物

《バンコクだって安全じゃない》タイはヘビがうじゃうじゃ2

ニシキヘビ、そしてキングコブラがタイの2大お騒がせヘビ。このヘビたちのニュースが圧倒的に多いです。 ニシキヘビは6メートル以上。キングコブラは4メートル以上。インパクトがあり関心を呼びやすいんですね。今回はニシキヘビの話です。
タイトルとURLをコピーしました