《タイのサーモン料理》タイ人はなぜサーモンばかり食べるのか

料理

近年、タイ人の食生活に大きな変化が起きた。今まで生食を嫌っていたタイ人が寿司や刺身を食べ始めたのだ。しかし、その寿司や刺身のほとんどはサーモン。なぜタイ人はサーモンばかり食べるのかという話とサーモンを使ったタイ料理について。

スポンサーリンク

サーモンを食べまくるタイ人

タイ人、サーモンがめっちゃ好きで親の仇のように食べまくっている。
たとえば、日本で回転寿司に連れて行くとマグロやウニには目もくれず、ほぼサーモンにしか手を出さない。
普通の寿司屋ではサーモン以外の握りを出されるとネタを外してご飯だけを食べる。
というようなありさまなのだとか。
タイ人を回らない寿司屋に連れて行けば冷や汗をたっぷりかきそうだ。

それはともかく、本当にタイでのサーモンの普及ぶりというのはたいしたもので、大手スーパーのビッグCにはサーモンの刺身から切り身、アラ、トムヤム用の頭まで売られているし、ぼくの住むような田舎でもサーモンは簡単に手に入る。

日本料理のヒットはサーモンのおかげ?

かつてタイ人は刺身類をまったく受けつけなかった。
タイでは生ものは人の食べ物ではなく、カスーという首の抜けるお化けの食べ物とされていたのである。
そのイメージから20年ほど前までは刺身を見て気味悪げに顔をしかめる人がほとんどだった。
近年になって日本料理がヒットし、刺身を口にするようになったわけだけれど、あれはサーモンの力が大きいと思われる。
大好きなサーモンだから食べるのであって、ほかの魚を生で食べるには未だに抵抗のある人が少なくないようだ。
ちなみにぼくがタイに来た頃からサーモンはすでにあったが、レストランで食べる高級食材で庶民にはまったく知られていなかった。

スポンサーリンク

なぜタイ人はこんなにサーモンが好きなのか

なぜこんなにタイ人はサーモンが好きなのだろう。
「色がきれいでおいしい」
「骨が少なく食べやすい」
「プラートゥー(グルクマ)に味が似ている」
「そこそこの値段で手に入れやすい」
などの意見がタイ語のサイトにあった。

でもよく考えればサーモンが好きなのはタイ人だけではない。
日本人のサーモン好きも相当なものだ。
総菜、弁当、料理店。サーモンを見ないことはなく、常に人気の魚ベスト5に入っている。
ヨーロッパ、ロシア、イヌイット、日本。人種を越えて愛されているサーモン。
それだけ魅力ある魚なのだからタイ人が好きでも不思議ではないよね。

***********************************

タイの代表的サーモン料理

というわけで、年々サーモンを使った新しいタイ料理が生まれている。

揚げサーモンのナムプラー ダレ(サーモン トード ナムプラー)

適当に切って揚げたサーモンにナムプラー、ライムベースのタレをかける料理。
揚げたサーモンに揚げニンニクとそのオイルを絡めたガーリックサーモンも悪くない。

スポンサーリンク

揚げサーモンの東北風ライム和え(ラーブ サーモン トード)

これはすごくいいね。タイ風サーモンメニューの中で一番いけそう。
揚げ、とあるけどフライパンで軽く焼いてほぐした身を使う(揚げる場合もあり)。

これは普通のラーブイサーン

これは普通のラーブイサーン

味付けはナムプラー、ライム、粉唐辛子がベース。砂糖はお好みで。
ポイントは煎り米。これとミントが入るととたんに東北料理らしくなる。

トムヤム サーモン

タイ料理といえばトムヤム。
でも個人的にはサーモンの匂いとトムヤムはあまり合わないと思う。
庶民は身ではなく安い頭を使うのだけど、トムヤムにするのならこちらの方がよさそうだ。

これはメコン大ナマズ(体長2m)のトムヤム

これはメコン大ナマズ(体長2m)のトムヤム

サーモンのライム和え(ヤム サーモン)

若者に人気のメニュー。
サイコロ切りの生サーモンに刻んだ唐辛子、レモングラス、シャロット、ネギ、ニンニクを混ぜナムプラーとマナオで味付け。
好みにより塩、砂糖を追加。一見マリネ風。

スポンサーリンク

サーモン ケーキ

サーモン料理の中で一番笑えたのがこれ。
中はスポンジケーキではなく寿司飯。
サーモン好きには夢の料理だ。
バレンタインデーのサプライズにハート形のサーモンケーキを贈る人がいるのだとか。
サーモンを心ゆくまで食べてハッピー!てか。
熱い夜になるかもね。

これをケーキ型酢飯に張り付ける

これをケーキ型酢飯に張り付ける

知らなかったのだけど、日本でもサーモン ケーキを作っているらしい。
というか、タイのサーモンケーキは恐らく日本のレシピをアレンジしたのだろう。

*バレンタインデーはタイでは愛の日とされ、男女関係なく贈り物(バラとかが多い)を贈る。
若い女の子は処女を失うなら愛の日に、というわけでこの日はラブホテルが満席になるのだとか。

焼きサーモン(サーモン ヤーン)

普通、サーモンといえば寿司か焼きサーモン。
塩焼きよりも照り焼きが人気、と思いきや、意外に塩焼き、しょうゆ焼きが受け入れられている。
レストランの大定番は黒胡椒焼き。タイ風サーモンステーキいったところか。

庶民には安い頭が好評

庶民には安い頭が好評

サーモン ラーメン(ママー トムヤム サーモン)

タイ人のソウルフード、トムヤム味のインスタントラーメンになんとサーモンの刺身をトッピング。
バンコクのとある店の人気メニューだそうだ。1杯180バーツ。
大好きなものをコラボした、というのはわかるのだけどせっかくのサーモンが…。

タイ人のサーモンへの熱い思い、もはや愛。

料理
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました