お金がない!究極の節約飯はこれだ

料理
スポンサーリンク

お日様卵(カイ プラアーティット)

とにかく安く簡単で腹が膨れある程度栄養がある、という節約飯の条件をすべて兼ね備えた「お日様卵」。
一言でいえばご飯入り卵焼き。
作り方は、溶き卵にご飯を入れてナムプラーを少々。掻き混ぜて焼くだけ。
今までありそうでなかった料理。
ちなみにこの料理、名君ラーマ9世第2王女プラ テープが考案されたとのこと。

お日様卵のレシピ

材料

卵  1個

冷や飯  1杯(できればジャスミン米)

ナムプラー  少々。

スポンサーリンク

作り方

・卵を溶き、ご飯を1杯入れる。

・ナムプラーで味付け

・フライパンに油を少し引き焼く。

 

タイにもあった猫まんま

昭和世代の節約飯といえばねこまんま。
日本にいた頃、おかずがなにもないときによく食べました。
ここでいうねこまんまは、削り節をのせ醤油をぶっかけたご飯のことです(地域によっては汁かけご飯のことを指すらしい)。
妙においしくて今でもたまに食べることがあります。

タイにも似たようなものがあるのか検索してみたところ、そのまま「ねこまんま(アーハーン メオ)」がヒットしました。
別名、サバ混ぜご飯(カーオ クルック プラートゥー)。
※プラートゥーはグルクマ。サバの仲間。

作り方は、

・粉唐辛子、シャロット、ライム、ナムプラー、砂糖、を適当に混ぜてタレを作る。

・ご飯とよく混ぜる。

・ほぐした魚をご飯と混ぜる。

唐辛子ナムプラー味のねこまんまです。
けっこううまそう。

************

料理
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント