タイとの上手なつきあい方2《割り勘を求めるな》

タイ人

割り勘が当たり前になってきた日本。でも、タイでは奢り奢られが当たり前。とりわけ、立場が上の者が下の者に割り勘を求める、なんて言語道断の行為。今回はその辺りの事情を説明します。

スポンサーリンク

人間関係を円滑にする方法

タイではケチな人物は嫌われます。
ケチは日本人が思っている以上に悪であり恥であります。
ただし、自分自身に対するケチ、日常的なケチは問題ありませんし、前回書いたように、人に金を貸すような場合は、金を貸し渋るケチだと思われていた方が得策です。
では、どのような場合にケチであってはならないのでしょう。
それは、メンツに関わる場合。

伝統菓子グリーン ライスが出回り始める

たとえば、親族、会社関係、友達同士、隣近所、人か集まって飲食する場合。
進んで財布に手をかけた方が好印象を持たれ、人間関係が円滑になります。
特に、メンバーを見渡して、自分が立場的、経済的にも上だった場合、もしくはそう思われている場合は金を出すべきです(田舎では、たいてい日本人が支払うはめになります。悲しいことに)。
このような場でケチな人はメンツを無くしたも同然。器量の小さな人物と見なされます。

割り勘好きの日本人

日本人は割り勘が好き。
特に今の世代の人たちは奢ったり奢られたりが苦手。
奢られてばかりだと上下関係ができるし、何を言われるかわかったものではない。
対等であるためにはときどき奢り返さなければなりません。
それなら、最初から割り勘にした方が面倒がなくて良い。
こういうことではないでしょうか。

スポンサーリンク

割り勘はあり得ないタイ

対しタイでは、よほど親しい間柄でない限り割り勘にすることはありません。
奢るか奢られるか、です。
とりわけ、立場が上の者が下の者に対し割り勘を求めるのは言語道断。
会社の部下を誘って支払いは割り勘、なんてあり得ません。

信頼関係を壊しかねない行為です。
対等の付き合いであっても、毎回誰かが志願して持ち回りで払い、あまり割り勘にはしません。

タイにはタイの常識がある

娘のワカメが日本の女の人に食事を誘われたときのことです。
娘より五つほど年上の彼女は食事を済ませた後、自分の分だけをさっと払いました。
「そんなの当たり前でしょう」
今の日本だったらまったく問題はありませんよね。
でも娘は呆れてました。
「自分が誘っておいて、自分の分だけ払うなんてあり得ない。しかも年上でしょ」
これがタイ人一般の反応。
割り勘は日本人にとって気持ちよのよいことであっても、タイ人にとっては快いことではありません。

スポンサーリンク

奢るとはもてなすこと

「奢ってやったのに、礼を言わない」
「奢られるばかりで、奢り返さない」
タイの人にこんな不満を抱いたことはありませんか。

「奢る」はタイ語でリヤンと言いますが、意味が似ているというだけで、同義ではありません。
リヤンの元々の意味は「養育する」「育てる」。
飲食に使うと確かに「奢る」なのですが、本来の意味の「養育する」「育てる」から考えると、どちらかといえば「もてなす」に近く、人間関係を育て円滑にする、ということではないでしょうか。

「奢ってやった」意識の強い日本人

日本人はよく「奢ってやる」「奢ってやった」とか口にし、奢る方が上にある感覚です。
対しリアンは「もてなすから一緒に飲み食いしようよ」の感覚です。
後日「あのとき奢ってやった」などと口にするタイ人はあまりいません。

何が言いたいかと申しますと、日本人は「奢ってやった」という意識が強く、
「どうもその節はありがとうございました」
とか、奢られた方が後々まで下手に出なければならない風潮があります。

「奢ってやった、もらった」感を持たないタイ人

タイは相手の気持ちより自分の気持ちを大切にします。
「奢る」ということは、自分が「奢りたい」「相手によくしたい」という気持ちがあってのことです。
たとえ何らかの下心があり、見返りを期待していても、それは相手次第。
「奢る」という行為自体に対しての礼とか恩は求めていません。
日本人のように「奢ってやった」という恩着せ感覚を持たないわけです。

奢られる方としては、よくしてもらった嬉しさとは別に、先の「奢りたい」という奢り手の気持ちにわざわざつきあってやった、というタイ独特の理論があります。
ですから、日本人のように恩に着たり丁寧な礼を述べたりはしません。
「ありがとう」と一言言えば、その場ですべてが清算されます。
奢られたから奢り返さないといけない、ということもなく、機会があれば、という程度で十分です。
ようするに、奢っても礼を期待せず、奢られても律儀に貸し借り勘定なんてせず、気楽に自然に楽しめばよい、ということになるでしょうか。

タイの飲食店サービス よいか悪いか
タイの飲食店の塩対応に驚かれたことはありませんか。たまにあるんですよね。この手に店が。 彼らはなぜあのような態度をとるのでしょうか。タイとの付き合い方シリーズ第3弾。
タイ人
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました