コンビニにあるもので二日酔いを治す方法

生活
スポンサーリンク

二日酔いの原因

・二日酔いの原因は、肝臓の処理能力を超えてアルコールを摂取したため。

・二日酔いとは、有害物質アセトアルデヒドの血中濃度が高くなっている状態。

・アルコールの利尿作用による脱水症状も関係。

・二日酔いのメカニズムはまだ不明な点が多いらしい。

飲まないでいられるならそれに越したことはない

飲まないでいられるならそれに越したことはない

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解、それがさらに酢酸に変えられ、最終的には二酸化炭素と水になって体外に排出される。
二日酔いとは、肝臓の処理能力を超えてアルコールを摂取したため分解が間に合わずアセトアルデヒドの血中濃度が高くなっている状態。
アセトアルデヒドは有害物質で、吐き気、頭痛、倦怠感、など、いわゆる二日酔いの状態を引き超す。

スポンサーリンク

二日酔いの基本的な治し方

・二日酔いを早く治すには、まず水分の補給。

アルコールの利尿作用により飲んだ以上に水分が排出されることがあるため飲酒後は脱水症状になりやすい。
また、アルコールの分解、アセトアルデヒドの排出にも水分が必要。
二日酔い解消の手始めは、酔い覚ましの水、水分の補給ということになる。
基本的には、冷たくない水、白湯。

なんか浮いているけど聖なる井戸水と呼ばれている’

なんか浮いているけど聖なる井戸水と呼ばれている’

コンビニで買える二日酔いによい商品

ポカリスエット(スポーツドリンク)

スポーツドリンクは、水分、ミネラル、糖分、塩分、をバランス良く配合した飲料で吸収率がよい。
経口補水液より糖分を多く含みクエン酸なども配合されているため疲労回復に効果。酸性度は強目。

二日酔いのときにはポカリを飲むタイ人も少なくない。
でもタイでスポーツドリンクといえばスポンサー。
日本人の評判は今一つ。

※白いのと黄色いのがあって、白い方は嫌いじゃありません。昔はよく飲んでました。

経口補水液

スポーツドリンクとの違いは、糖分が少なく塩分が多い。飲む点滴。
体液とほぼ同じの浸透圧のためスポーツドリンクより吸収されやすい。

タイ語でクア レー。
コンビニなどで粉末の小袋が普通に売られている。
この粉末を水に溶かして飲む。
下痢のときなどに使う人が多い。

けっこううまく普通にぐびぐび飲める

けっこううまく普通にぐびぐび飲める

コーヒー

コーヒーは二日酔いに良い、という説と、悪い、という説がある。
コーヒーがよい理由は頭痛の解消。
二日酔いの頭痛は主にアセトアルデヒドが血管を拡張させて起きる。
カフェインは逆に収縮させる働きがあるため、血管の拡張を抑え頭痛を和らげる効果が期待できる。
ただし、胃への刺激があるためホットで、ミルク、砂糖入りの方が好ましい。
(タイ人は胃が丈夫なせいかブラックを推奨している)

コーヒーがよくない理由は、カフェインの利尿作用が醒めを遅らせる、というのだが、その利尿作用が毒素を体外へ排出し醒めを早める、と主張する人もいて素人には判断がつけがたい。

個人的には飲酒後のコーヒーはよいと思う。
おいしいし気分が落ち着くしね。

自分で煎ったコーヒー豆

自分で煎ったコーヒー豆

オレンジジュース

果物に含まれる果糖(フルクトース)は、アルコールの分解を早めるのだそうだ。
二日酔いから脱するには水分の補給とともに糖分も必要なことから、果糖を多く含むオレンジジュースは水分の補給にもなり脱水症状と低血糖の解消につながる。

日本のメーカーだとた今気づいた

日本のメーカーだと今気づいた

いつも飲んでいるC-vitt。
てっきりタイ製だと思っていたのだけれどよく見れば日本のメーカーだった。

スポンサーリンク

二日酔いの薬

とにかく悪い物を化学的に処理してしまおうという人は薬が手っ取り早い。
日本のコンビニでは栄養ドリンクかサプリ、ということになろうか。

タイのコンビニでは「酒飲みの友 FOD(Friend of Drinker)」が近年、評判。
生薬100%とある。

よく効くらしいけれど試したことはない

よく効くらしいけれど試したことはない

 

***************

生活
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント