《随時更新》タイの新型コロナウイルス現地情報

ニュース

スポンサーリンク

お知らせ

*これよりタイの新型コロナウイルス現地情報は「ニュースのかけら」をご覧ください。

タイの最新現地事情とニュースのかけら
あちこちでクラスターが発生しさらに広がりを見せているタイのコロナウイルス感染状況。一般へのワクチン接種が6月より開始され在住外国人も無料で接種が受けられる、などのニュース。

2020年11月18日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は3人増え3878人に。死者は変らず60人。
感染したのは、イギリス(2人)、からの渡航者。検疫隔離中の検査で判明。
もう一人はフィリピンから入国した貨物機の乗員(インド人女性、20歳、無症状)、入国時の検査で判明。
国内感染者はなし。

警官隊がデモ隊に放水、催涙ガス、ゴム弾で対抗

・17日タイ上下院は国会で憲法改正に向けた審議を始めた。
・それに合わせ反政府グループが圧力をかけるため国会抱囲を呼びかけ。14.00頃から人が集まり数千人規模のデモに。
・一時体制派の黄シャツ団と衝突小競り合い。
・警官隊は国会の手前にバリケード。
・バリケードを壊し突入しようとするデモ隊に警官隊は放水、催涙ガス、ゴム弾で阻止。
・デモ隊は催涙ガス弾の投てきを止めない警官隊に反発。
・19.30頃、キヤックカーイ交差点近辺のバリケードに突入、警官隊を後退させる。
・国会手前に拠点を置き演説、憲法改正、議会解散、首相退陣などを要求。
・21.00頃、18日16.00ラーチャプラソン交差点に再集合を呼びかけ解散。

スポンサーリンク

2020年11月17日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は1人増え3875人に。死者は変らず60人。
感染したのは日本から入国した日本人男性(28歳、会社員)。
検疫隔離中の検査で判明。国内感染者はなし。

非常事態宣言来年1月15日まで延長

3月末に出された非常事態統治(宣言)は延長に延長を重ね今月末に期限を迎える。
16日の新型コロナウイルス感染症対策センター小委員会では非常事態統治をさらに45日延長し来年1月15日までとする案が提出された。
理由は年末年始の大型連休で国内大移動が起き新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されることや隣国からの密入国に対応するのに非常事態統治法が必要なことなどを挙げ、政治とは無関係であることを強調。
この案は大委員会で承認後、閣議で決定される見込み。

隔離期間短縮案にブレーキ

観光客をなんとか呼び込みたいタイは入国後強制されている14日間の隔離を10日に短縮する案が各方面から新型コロナウイルス感染症対策センター小委員会に提出されたが、これから大勢が国内移動をする年始年末の大型連休を迎え、国民が安心して旅行できるよう来年へ持ち越す方針。
詳細は18日の大委員会で協議される。

2020年11月16日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は8人増え3874人に。死者は変らず60人。
感染したのは、ベルギー(1人)、アラブ首長国連邦(1人)、エジプト(2人)、インド(3人)、スイス(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。
国内感染者はなし。

17日首相府近辺で大規模反政府デモ予定

若者を中心とした反政府グループは17日に大規模反政府デモを呼びかけ。
首相府を囲み政府に圧力をかけ首相の辞職を迫る予定。

2020年11月15日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は5人増え3866人に。死者は変らず60人。
感染したのは、シンガポール(1人)、イタリー(1人)、イギリス(2人)、アメリカ(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。
国内感染者はなし。

予定通り反政府集会開催

14日バンコクの民主記念塔近辺で反政府集会が予定通り開催された。
その近辺を王様の車列が通過するさい、集会参加者は後ろを向き3本指を掲げて国家を歌い、
「国は即ち国民だ」
と叫んだ。

サナームチャイ駅-ラックソーン駅開通式

14日17.35分、ブルーライン(チャルーム ラッチャモンコン)線サナームチャイ駅-ラックソーン駅間の開通式がラーマ10世によって執り行われ式後試乗された。

2020年11月14日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は9人増え3861人に。死者は変らず60人。
感染したのは、レバノン(1人)、フィリピン(1人)、スイス(3人)、インド(1人)、クウェート(1人)、フランス(1人)、イギリス(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。

2020年11月12日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は3人増え3847人に。死者は変らず60人。
感染したのは、イギリス(2人)、トルコ(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。

韓国軍人、タイから帰国後空港で陽性反応

タイで毎年行われる多国間軍事演習コブラゴールド21に関する会議のためラヨーン県を訪れていた韓国軍人が帰国後、空港の検査でコロナウイルスに感染していたことが判明した。
同軍人は10月16日韓国から総勢4人でタイ入国。
指定の施設で14日間の隔離。その間2回の検査ではいずれも陰性。
後、バンコクのホテルとラヨーンのホテル(3~5日)に宿泊し、11月8日帰国。
11日ラヨーン県知事は接触者50人の検査を行いいずれも陰性であったことを公表、冷静な対応を呼びかけた。

*タイから帰国後の空港検疫でコロナ感染が確認される事例が度々出ている。
いずれも無症状で感染拡大の可能性は低いとされているが、タイはそういった人たちの検出がうまくできていないのかもしれない。

2020年11月11日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は4人増え3844人に。死者は変らず60人。
感染したのは、アメリカ(1人)、インド(1人)、スウェーデン(1人。タイ人女性27歳)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。
残る一人は国内感染。バンコクに在住するハンガリーの外交官。

ハンガリー外交官が国内感染

9日、バンコクに在住するハンガリー外交官(男性。53歳)の国内感染が確認された。
今月3日に入国したさいの検査で感染が確認され緊急帰国したハンガリー外務貿易相と接触したさいに感染したと推測されている。

2020年11月10日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は3人増え3840人に。死者は変らず60人。
感染したのは、エチオピア(2人)、オマーン(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。

2020年11月9日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は7人増え3837人に。死者は変らず60人。
感染したのは、アメリカ(2人)、オーストリア(1人)、カナダ(2人)、ロシア(1人)、ミヤンマー(1人。入国の検査で陽性反応。そのままミヤンマーへ帰される)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。

反政府デモ王宮へ向かって行進

8日、バンコク民主記念塔付近で大規模な反政府デモがあった。

再び大規模デモを呼びかけていた若者たちは8日16.00頃から民主記念塔付近に数千人から1万人程度集まり王宮へ向かってデモ行進をした。
王宮の手前、警官隊は鉄条網でバリケードを作り市内バスを並べてデモ隊の行進を阻止、王宮に近づかないよう警告。

18.30頃、デモ隊がバリケードに近づく前、警官がデモ隊へ高圧水を放水、2人が軽い怪我、緊張が走った。
その15分後、警察は拡声器を通して先ほどの放水は現場のミスだと釈明。

さらに決してバリケードを破らないよう要求。もしバリケード内に侵入してくれば強硬手段を使わざるを得なくなり、そういう事態を望まない、として若者たちに自制を促す。
これにデモ隊は不満の声を上げ反発。

19.40頃、傘を差して放水に備えたデモ隊先鋒がバリケードに近づき再び緊張が走る。
警察は衝突回避のため放水車を後退させた。

2020年11月8日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は12人増え3830人に。死者は変らず60人。
感染したのは、フランス(2人)、アラブ首長国連邦(1人)、インド(1人)、アメリカ(2人)、メキシコ(1人)、スイス(1人)、オランダ(1人)、ミヤンマー(2人。入国の検査で陽性反応。そのままミヤンマーへ帰される)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。
国内ではクラビー県のインド人の感染が確認された。

クラビーのインド人が国内感染

7日、クラビー県はクラビー市内に住むインド人(男性37歳。飲食業)のコロナウイルス感染を確認したと公表。男性は無症状でワークパミット申請のさいの健康診断で判明。詳しい感染経路はわかっていない。

2020年11月7日

新たな新型コロナウイルス感染確定者は8人増え3818人に。死者は1人増え60人に。
感染したのは、スイス(1人)、インド(1人)、サウジアラビア(1人)、ウクライナ(1人)、オランダ(1人)、ミヤンマー(3人。入国の検査で陽性反応。そのままミヤンマーへ帰される)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。

死者60名に
新型コロナウイルスで新たに亡くなったのは66歳のタイ人男性。糖尿病、高血圧の持病があった。
イギリスから帰国し10月20日チョンブリーの施設で隔離。その後喘息などの症状が見られたため病院へ移送。
集中治療室で治療を受けていたが5日亡くなった。

強制隔離14日から10日に短縮

現在、入国者に対して入国後14日間の隔離が義務づけているが、感染者のほとんどは隔離中10日以内に感染確認され、10日以降に確認された場合でも無症状で感染拡大の可能性が低いとして隔離期間を14日間から10日間に短縮される見通し。
ただし、当初はすべての入国者ではなく、感染拡大が抑えれている国(中国、マカオ、ベトナム、台湾など)からのスペシャルツーリストビザ発給を受けた渡航者が対象。
この案は新型コロナウイルス感染症対策センターに提出され、承認されれば閣議で正式決定されることになる。

2020年11月6日

新たなコロナウイルス感染確定者は6人増え3810人に。死者は変らず59人。
感染したのは、フランス(2人)、ドイツ(1人)、オランダ(1人)、ハンガリー(1人)、ミヤンマー(1人。入国の検査で陽性反応。そのままミヤンマーへ帰される)、からの帰国者及び渡航者。いずれも入国検疫、検疫隔離中の検査で判明。

2020年11月5日

新たなコロナウイルス感染確定者は7人増え3804人に。死者は変らず59人。
感染したのは、ロシア(1人)、ヨルダン(1人)、クウェート(1人)、イタリア(1人)、モルディブ(1人)、フランス(1人)、スウェーデン(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

ハンガリー外務貿易相タイ入国後感染確認、緊急帰国

タイ保健省は3日入国したハンガリーの外務貿易相に熱の症状があったため検査を行ったところ陽性反応だったと公表。
外務貿易相はタイとハンガリーの経済協力を協議するため訪タイ。
副首相兼外相と会談し、首相府にプラユット首相を表敬訪問する予定であったがすべて中止。
外務貿易相はバンコク都内の病院で隔離、治療を受け4日プライベート機で帰国した。

2020年11月4日

新たなコロナウイルス感染確定者は10人増え3797人に。死者は変らず59人。
感染したのは、バーレーン(1人)、サウジアラビア(1人)、ロシア(1人)、バングラデシュ(1人)、ドイツ(2人)、アゼルバイジャン(1人)、チェコ(1人)、フランス(1人)、イスラエル(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

2020年11月3日

新たなコロナウイルス感染確定者は3人増え3787人に。死者は変らず59人。
感染したのは、スウェーデン(2人)、ケニア(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

世界最大の無料エロ動画サイトPornhub閲覧不能

デジタル経済社会省はPornhub(ポーンハブ) へ通じる191のURLをブロックしアクセス不可能にした。
Pornhubというのは世界最大の無料エロ動画サイト。
YouTubeに匹敵するほどの規模を持ち、タイからのアクセス数も上位20位内に入るほどの人気ぶり。
現在、タイからPornhubへアクセスすると「このサイトにアクセスできません」と表示されアクセス不可能とのこと。
デジタル経済社会省は有害サイト撲滅を目指し、オンラインギャンブルのサイトブロックも検討中。

2020年11月2日

新たなコロナウイルス感染確定者は4人増え3784人に。死者は変らず59人。
感染したのは、イギリス(2人)、アフガニスタン(1人)、ロシア(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

祭りの後-環境を破壊するローイクラトン

10月31日はタイ2大祭りの一つローイクラトン(灯籠流し)であった。
バンコク都知事は1日、船40隻、200人以上を動員し、チャオプラヤー川の清掃を行ったと発表。
492,537個のカトン(灯籠)が回収されそのうちの4%ほどは発泡スチロール製。
バンコク都はこれらのクラトンを分別しリサイクルするとのこと。

2020年10月31日

新たなコロナウイルス感染確定者は12人増え3775人に。死者は変らず59人。
感染したのは、フィリピン(1人)、インド(3人)、ヨルダン(1人)、アメリカ(1人)、アラブ首長国連邦(4人)、エチオピア(1人)、ミヤンマー(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

ビザの延長手続きに外国人殺到

これまで救済措置としてコロナ禍で帰国できない残留外国人に対しビザの自動延長を繰返してきたタイだが、今月31日に期限を迎えるため、イミグレーションはそれまでに出国、及び延長手続きを済ませておくよう警告している。

2020年10月30日

新たなコロナウイルス感染確定者は4人増え3763人に。死者は変らず59人。
感染したのは、日本(タイ人1人)、アラブ首長国連邦(1人)、クウェート(2人)からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

今年すでに245人の不正警察官が処分

29日タイ警察の広報官は今年1月から現在までに不正を行った警察官245人が懲戒免職等の処分にされたと公表。

*日本だと1人が不正をしただけでけっこう話題になるんだけどね。

2020年10月29日

新たなコロナウイルス感染確定者は13人増え3759人に。死者は変らず59人。
感染したのは、アメリカ(1人)、バングラデシュ(1人)、ヨルダン(4人)、ドイツ(1人)、アラブ首長国連邦(2人)、フランス(1人)、ロシア(1人)、イギリス(2人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

非常事態統治一ヶ月延長閣議決定

28日、今月末に期限を迎える非常事態統治をさらに一ヶ月延長することが閣議で決定された。

2020年10月28日

新たなコロナウイルス感染確定者は3人増え3753人に。死者は変らず59人。
感染したのは、カタール(1人)、アメリカ(1人)、スーダン(1人)、からの帰国者及び渡航者。いずれも空港検疫、検疫隔離中の検査で判明。

議会騒然、野党議員がリストカット

27日反政府デモに対する対応を協議するため開かれている臨時議会でチェンライ選出野党のウィサーン議員が辞任に応じない首相に抗議。
自分の手首を果物ナイフで3度に渡って切りつけ議会が騒然となった。
議会の模様は生中継で全国放送されており視聴者にも衝撃を与えた。
傷は深くなく命に別状はない。

ニュース
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました