タイカレー屋の一番おいしいタイカレーランキング

料理
スポンサーリンク

タイカレー屋のタイカレーランキング

料理を入れたバットを店先にずらり並べた「汁かけご飯(カオラードケーン)屋」。
路傍でもフードコートでもよく見かけます。
日本のみなさんはタイの汁物、ケーン(ゲーン)をカレーと呼びますから、カオラードケーンの店はタイのカレー屋、ということになりますね。
タイカレーの店で食べられるカレー(ケーン)のランキングです。
当然、店によって目指す料理があったりなかったりしますのでその辺は運次第。

ビギナーにやさしいタイカレーの店
出来合いの料理をご飯にかけて食べるスタイルの店は日本人のいうタイカレーがずらり並ぶいわばタイカレーの店。今回はそのタイカレーの店で食べられるカレー(ケーン)以外のおすすめ料理ランキング。
スポンサーリンク

1. グリーンカレー(ケーン キオ ワーン)

1位はおなじみグリーンカレー。
タイ人の間でも一番人気でタイカレー屋の看板料理。
これだけはどこの店に入っても置いてあります。
逆に言えば何を食べようか困ったときは白緑っぽい色の料理を指させばまず間違いありません。
オプションでタイ風揚げ目玉焼きをつけられます。
カノムチンという生のビーフンのような麺にかけて食べてもおいしいですよ。

家はたいてい麺にかけて食べる

家はたいてい麺にかけて食べる

2. レッドカレー(ケーン ペット)

タイで最も一般的なケーンがこれ。
グリーンカレー同様、たいていどの店にも置いてあります。
家庭でもよく作られる料理で、鶏、豚、魚、うなぎ、などなど具のバリエーションが豊富。
一度は食べてみるべきタイ料理です。

家で削ったココナッツを使ったケーンペット

家で削ったココナッツを使ったケーンペット

3. パネーンカレー(ケーン パネーン)

これもタイカレー屋の定番料理。
上の2つを含めベスト3といってよいのではないかと思います。
レッドカレーと同じ唐辛子ペーストを使いますので味も似ています。
レッドカレーとの違いはピーナッツとスパイスを数種加えていることと、汁気が少ないこと。
汁物というより汁気の多い炒めもののように見えます。
そのぶん濃厚でコブミカンの香りが特徴。
「世界最高のカレー」に選ばれたこともありますが主催者側の力不足かマッサマンほどは騒がれませんでした。

 

4.ビルマ風カレー(ケーン ハンレー)

ビルマ(ミヤンマー)の影響を受けた北部料理ですがバンコク辺りでも見かけます。
日本人のイメージするカレーに近いかもしれません。
豚の塊肉を煮込んだ辛くないケーンでショウガが入っているしココナッツミルクを使っていないため味も日本人好み。

 

5.  マッサマン(ケーン マッサマン)

ご存知、世界一おいしい料理、ですが真に受けるのはいかがなものでしょう。
タイではどちらかといえばマイナーな料理。
思わぬところから称賛を受けてタイの人たちは喜びつつも首を傾げております。
本来、牛肉を使いイスラム料理に分類されることもあるマッサマン。
仏教国タイでイスラム料理がナンバーワンだったらそりゃ困惑しますわな。
あればラッキー。
置いていない店の方が多いかもしれません。

 

6.  イエローカレー(ケーン カリー)

タイでカレーと呼ばれる料理はこの料理のみです。
ほかのケーン同様、シャバシャバしていて日本のカレーとはかけ離れています。
これもそれほどメジャーな料理ではなく、あればラッキーといった感じ。
最近はむしろ日本のカレーの方がメジャーかもしれません。

※日本ではケーンをゲーンと表記しますが、カリーも同じ文字を使います。それならガリーとすべきじゃないですか。ケーン カリーの方が整合性がとれている、というわけ。

最近はタイ語でカレーを検索すると日本式が出てくる

最近はタイ語でカレーを検索すると日本式が出てくる

 

7.  漬けたけのこカレー(ケーン ノーマーイドーン)

タイカレー屋の定番メニューです。
マッサマンなんぞよりはるかにメジャー。
タイ人は漬けたタケノコが好きで汁にしたり炒めたり。
ただこのタケノコ、かなり癖強な匂い。
好き嫌いがはっきりわかれます。
好きな人はどはまりする可能性があるので要注意です。

 

番外 パイナップルカレー(ケーン クア サパロット)

南部のタイカレー屋にあったパイナップルのカレーは衝撃的でした。
かなりはまって、以来、家でもよく食べております。

以上、タイカレー屋のカレーランキングでした。

*****************

料理
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント