《パット プリアオ ワーン》豚肉とパイナップルの甘酸っぱ炒め

料理
スポンサーリンク

パット プリアオ ワーンとは

パット プリアオ ワーン。直訳すると甘酸っぱ炒め。
パイナップルと肉の炒め物で一見、酢豚。
大衆食堂のメニューにもあるポピュラーな料理です。
中華出身なのでタイタイした料理が苦手な方にもおいしく食べられます。
日本人の間で話題になっていないのが残念なくらい。

スポンサーリンク

この料理、どこがいいのかと申しますと、まず、パイナップル。
炒めておいしくなる果物の筆頭ではないかと思います。
というか、熟しても炒めて食べられる数少ない果物かもしれません。
とにかくフルーツ特有の甘酸っぱさが最高。
なので作るときは酸味のあるパイナップルを選ぶのがコツです。

炒めてもおいしいパイナップル

炒めてもおいしいパイナップル

そしてキュウリ。キュウリだけを炒めたものはキュウリ特有の匂いが強くそれほどおいしいものではないですが、甘酸っぱ炒めの中にあるとその気になる匂いもなくなりパリポリした食感が生きてきます。
パイナップルとキュウリのタッグ。悪くありません。
ちなみにタイのキュウリは皮が厚いせいか日本のキュウリより歯ごたえがあります。

具は通常、豚肉。このほか、鶏、揚げ魚、エビ、などが使われます。
家ではうずらのゆで卵を追加しますがこれもけっこういけます。
野菜類は、キュウリ、トマト、玉ネギ、ネギ、ピーマン、という具合に日本でもおなじみの面々。

味付けは近年、ケチャップが主流になってきました。
かつてのナムプラーバージョンも未だ健在です。

基本、辛くありませんが人によっては大唐辛子を放り込むので要注意。
ピーマンやネギだと思って口にし飛び上がる、というパターンがよくあります。

家はケチャップを使わない

家はケチャップを使わない

注文の仕方

単品 パット プリアオ ワーン

ผัดเปรี้ยวหวาน   

オンザライス パット プリアオ ワーン ラード カーオ 

ผัดเปรี้ยวหวานราดข้าว

 

パット プリアオワーンの作り方

*タイ語レシピの直訳なのでご自分で適当に調整してください

レシピ1

豚肉   -------   150g

パイナップル   ---   40g  角切り

キュウリ   -----   50g  乱切り

トマト   ------   30g  ざく切り

玉ネギ   ------   30g  ざく切り

ネギ   -------   10g  ざく切り

ニンニク   -----   10g   荒くみじん切り

 

スープ   ------   1/4カップ

炒め油   ------   大匙2

ナムプラー   ----   大匙1

砂糖   -------   大匙1

ケチャップ   ----   大匙3

 

作り方

・豚肉を炒めておく

・パイナップル、キュウリ、トマト、玉ネギを炒めておく。

・ケチャップ、砂糖、スープ、ナムプラーを混ぜ合わせる

・油でニンニクを炒め、野菜、豚肉を投入。味付け。ネギを投入。混ぜ合わせて完成。

 

レシピ2

材料

豚肉   -------   200g

パイナップル   ---   1カップ

きゅうり   -----   1カップ

玉ねぎ   ------   1個

ピーマン   -----   1/2 個

トマト   ------   1個

ネギ   -------   1本

ニンニク   -----   5片

 

ケチャップ   ----   1/2 カップ

砂糖   -------   大匙1

塩   --------   少々(またはナムプラー)

水   --------   大匙3

 

作り方

・油を熱しニンニクを香りが立つまで炒める。

・豚肉を入れ火を通す。

・パイナップル、キュウリ、玉ネギ、ピーマン、ネギ、トマト、を投入。火が通るまで炒める。

・ケチャップ、砂糖、塩、で味付け。水を少々加え混ざりあうように炒めれば完成。

 

レシピ3

材料

豚肉   -------   150g

パイナップル   ---   100g  酸味のあるもの

きゅうり   -----   1~2本

トマト   ------   1個

玉ネギ   ------   1/2個

大唐辛子  -----   3本(プリック ユアック)

赤トマト   -----   1/4個

刻みニンニク   ---   適宜

 

酢   --------   少々

砂糖   -------   大匙1

ナムプラー   ----   大匙1

スープ   ------   1/3カップ

 

 

料理
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント