《日本VSタイ》ヤキソバ対決

料理

ヤキソバのおいしさとはなんだろう。日本ヤキソバとタイヤキソバとの違い。タイヤキソバの種類。おいしさの秘密、などについての話です。

スポンサーリンク

外国人から見たヤキソバ

麺を炒める、といえばヤキソバ。
日本を代表する炒め麺。
ヤキソバはタイでも食べられている。
その名もヤキソバ。
日本語だ。
ヤキソバは新参者ながら元からあるタイのヤキソバ風炒め麺をしのぐほどの勢いで広まっている。。
タイ人のヤキソバに対する評価は悪くない。

スポンサーリンク
タイ人が作るタイ人のためのヤキソバ

タイ人が作るタイ人のためのヤキソバ

ここが違うタイ式ヤキソバ

タイのヤキソバには純日本式ヤキソバとタイ人によるタイ人のためのタイ式ヤキソバがある。
タイ式ヤキソバはたいてい太麺で軟らかい。
正直にいえばコシがなくぐでっとしている。
なぜか。
軟らかい米粉麺を食べ慣れているタイ人にコシなんて必要ないのだ。

コシなんて邪魔なだけ

コシなんて邪魔なだけ

味付けは、白醤油、シーズニングソース、オイスターオイル、砂糖、黒醤油、胡椒、など。
食べてみると、

もはやタイ料理。

改めてわかる。
ヤキソバのうまさはソースにある。

*タイヤキソバを日本ヤキソバ化したければソースをかける。
おすすめは中濃ソース。

いけてるのはタイ式ではなくタイヤキソバ

タイで炒め麺といえばパッタイ。
「タイ炒め」という意味だ。
タイの炒め麺はほとんどが中華料理からきている。
で、数十年前、様々な脅威にさらされ愛国心の高まっていた時期に考案されたのがパッタイ。
もうこれは中華じゃないぞ、タイのオリジナルだぞ、タイの炒めものだ、タイ炒めだ!
というわけ。
外国人にも人気の料理で常に「アジアの炒め麺トップ10」に選ばれる実力者。
世界的知名度でいくとヤキソバより上かもしれない。

有名料理ブロガー、ピムおばさんのヤキソバ

有名料理ブロガー、ピムおばさんのヤキソバ

パッタイの特徴

パッタイのどの辺がタイらしいのかというと干しエビ。
当時豚肉使用の麺類は中華料理と見なされていた。
豚肉を使っていないところがタイ炒めの根拠だそうだ。
ゆえ、豚肉入りのパッタイはパッタイにあらず。
ちなみに日本人はパッタイをタイヤキソバと呼んでいる。

どの辺がタイらしいかというと干しエビ

どの辺がタイらしいかというと干しエビ

*本当は麺も中国だし、豆腐、タクアンも中国…。

*タイらしさは具材よりもむしろタマリンドやパームシュガーを使った味付けだと思う。

*日本のコンビニとかで売られているパッタイ食べた方、あれは別物。
もう写真を見ただけでわかる。
タイの日本ヤキソバと同じかな。
タイ人が食べたら違和感感じまくりの代物。

タイヤキソバ(パッタイ)とは

日本人の間ではタイヤキソバと呼ばれているパッタイ。
以下のような特徴がある。

めん 幅3~5㎜の白い半生米粉麺。
味付けタマリンド、ヤシ砂糖、ナムプラー(ナンプラー)が味のベース。
 甘味、辛味、酸味、鹹味、旨味、がコンプリート。
黄豆腐、タクアン、卵、もやし
食べ方各自がテーブルにある唐辛子、砂糖、ナムプラー、ピーナツ粉、ライムで好みの味に調節。
価格40B~
《変幻自在でスパイシー》タイの焼きそば酔っぱらい炒め
いつの間にかタイ焼きそば「酔っぱらい炒め(キーマオ)」が日本人の心をがわしづかみ。静かなブームとなっているようです。日本では麺料理と思われているキーマオ、もともとはガパオ風の炒め物。ちょっと変わった料理キーマオの話です。

そのほかタイのヤキソバ風料理

タイのヤキソバ風炒め麺は米粉系と小麦粉系に大別でき、さらには中華系とタイ系に分けられる。
一般に中華系は辛くなくタイ系は辛い。
もっとも、中華系でもタイ人は食べるさいに唐辛子をどばかけするので同じ事なのだけれど…。

ビーフンの炒めもの(パット ミー)

パット ミーと呼ばれる料理は色々あるけれど、一般にはビーフン(うるち米から作る白くて細い麺)の炒めものを指すことが多い。
中華麺を使うこともある。
醤油味、ナムプラー味、ココナッツミルク味、黒醤油味、味付けは色々。

安さだけが取り柄、わが村のパットミー

安さだけが取り柄、わが村のパットミー

 

中華麺炒め(バミー パット)

中華麺を醤油で炒めた料理。
ほぼほぼヤキソバなのだけれどヤキソバとは別物と認識されている。
あまりポピュラーな料理ではない。

CP社の中華麺炒め。

CP社の中華麺炒め

長寿麺炒め(パット ミー スア)

ミー スアは長寿麺と呼ばれる小麦粉麺。
細く長く・・・というあれ。
白と黄色がある。
ミー スアを炒めたのがパット ミー スア。
一見ヤキソバ。
味付けも中華っぽくタイで最もヤキソバに近い料理かもしれない。
毎年10月頃にある菜食祭り期間中によく食べらる。

コラート麺炒め(パット ミー コラート)

コラートは東北の玄関口ナコンラーチャシマーの古名。
基本、豆腐、干しエビ、卵、を使わないのが特徴。
味付けに黒醤油を使うためパットタイに比べ黒っぽく甘口。
辛い物を食べるとこの甘さが引き立ち、口休めというか辛さ癒やしに良い。
現地の人は激辛のソムタム(パパイアサラダ)などと合わせるそうだ。

酔っ払い炒め(パット キーマオ)

インスタント袋麺のタイヤキソバといえばこれを思い浮かべる人が多い。
日本人には、バジル焼きそば、激辛焼きそば、スパイシー焼きそば、などと呼ばれている。
味付けは白醤油またはナムプラー、カキ油、砂糖、がベース。
バジル(カパオ、ホーラパー)などの香りが効いてエスニック調。
激辛。

《変幻自在でスパイシー》タイの焼きそば酔っぱらい炒め
いつの間にかタイ焼きそば「酔っぱらい炒め(キーマオ)」が日本人の心をがわしづかみ。静かなブームとなっているようです。日本では麺料理と思われているキーマオ、もともとはガパオ風の炒め物。ちょっと変わった料理キーマオの話です。

鉄板焼き(パッチャー)

パッチャーはジュウジュウ音が立つくらいの強火で炒めた料理。
キーマオとの違いは使用するハーブと炒め方。
野菜類はあまり入れず肉や魚介類主。
本来は炒め物なのだけれどキーマオ同様、インスタント袋麺で味を再現。
好評を博している。

インスタント麺のパッチャー味

インスタント麺のパッチャー味

インスタントラーメンの炒め物(パット ママー)

普通のインルタントラーメンの麺をゆでて炒めたもの。
食堂でも人気のメニューで、これをつまみに一杯やっている人も見かける。
魚の缶詰を具にしたものはお金のないときの定番家庭料理。

《パット ママー》タイ式インスタントラーメンの食べ方
タイ式インスタントラーメンの食べ方は、普通に煮る。ヤム(ライム和え)にする。炒める。そのままかじる。の4通りがあります。すでにヤムママーは紹介済なので今回はインスタントラーメンの炒め物と生食について。

*********
と、まあ、ヤキソバ風の料理はたくさんあるのだけれど、
タイではパッタイを食べるべし。

料理
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました