《お勧めヤキソバ風インスタント麺》シーフード パッチャー味

食品

今回ご紹介するのはシーフード パッチャーというヤキソバ風インスタント麺。タイのインスタントヤキソバといえばキーマオが知られてますが、最近はキーマオをしのぐ勢いでパッチャー味が売れています。

スポンサーリンク

新タイ焼そば、シーフード パッチャー

パッチャーというのは肉や魚介類をジュウジュウ音が立つくらいの強火で炒める炒め物のこと。
本来は麺料理ではありません。
近年日本で知名度が上昇しているパット キーマオ(酔っ払い炒め)。
これも本来麺料理ではないのですが一足先にヤキソバ風インスタント麺として発売されヒット。
それまで袋麺はラーメンタイプばかりだったところに一石を投じ日本のヤキソバに匹敵する地位を築き上げました。
パッチャーとパット キーマオは兄弟関係にある似たような炒め物です。
キーマオの成功を受けて2匹目のドジョウを狙いパッチャーヤキソバが開発されたのかもしれません。

ヤムヤム(味の素)のパッチャー味

ヤムヤム(味の素)のパッチャー味

シーフード パッチャーの味

さてさて、その味。
クラチャーイ(ショウガ科。オオバンガジュツ)と生胡椒の香り。
タイでは珍しい太麺。
おお、本当にシーフード パッチャーの味がする。
けっこういけます。
癖のあるキーマオよりこっちの方が好きかも。

《変幻自在でスパイシー》タイの焼きそば酔っぱらい炒め
いつの間にかタイ焼きそば「酔っぱらい炒め(キーマオ)」が日本人の心をがわしづかみ。静かなブームとなっているようです。日本では麺料理と思われているキーマオ、もともとはガパオ風の炒め物。ちょっと変わった料理キーマオの話です。

大して期待もしていなかったところなかなかの再現力。
いやいや驚きました。
1袋10B。
試して損はないと思います。
ちなみにマヨネーズやソースなど好みの調味料をかけて食べるとさらにおいしさアップです。

タイでは珍しい太麺タイプ

タイでは珍しい太麺タイプ

パッチャーとは

タイの炒め物には辛い物と辛くない物があって、辛い炒め物はさらに辛子味噌を使う物と使わない物にわけられます。
辛子味噌を使わない辛い炒め物の代表が、カパオ(ガパオ)、キーマオ、パッチャー。
この3品は兄弟関係にあります。

本当のパッチャーは鉄板焼き風

本当のパッチャーは鉄板焼き風

辛さでいうと一番辛くないのがカパオ。
えっ、あれで!
といいたくなりますよね。
最も辛いのがパッチャー。
カパオでも辛いのにどれだけ辛いのか。
それは食べてのお楽しみ。

キーマオよりいけるかも

キーマオよりいけるかも

タイ語表記の話

パット キーマオのパットは「炒める」の意味です。
パッチャーのパッも同じ語。
なのになぜパットと書いたりパッと書いたりするかといえば、末子音と後ろに続く音の関係です。
気にしないでください。

食品
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました