タイであんこを作ってみた

菓子

タイは餡文化圏であんこ自体は食べられているのだけれど日本人にお馴染みの小豆餡はあまり一般的でない。それなら自分で作るべしと思い小豆を買って4年。その年代物の小豆でついにあんこ作りに挑戦した話。

 

スポンサーリンク

古い小豆であんこは作れるか

以前、あんこが食べたくなり小豆を1袋買った。
そのうちに、そのうちに、と思っていたらはや4年。
意を決しビンテージ小豆であんこ作りに挑戦したもののうまくいかなかった。
何時間煮ても柔らかくならない。
それでも諦め切れず翌日さらに水を足しながら煮たけれど駄目だった。

ドイカムの小豆、4年で値段が数倍になっている

ドイカムの小豆、4年で値段が数倍になっている

地球を守りたいなら古小豆を廃棄せよ

ネットを見るとぼくのような「モッタイナイ症候群」に陥った人の失敗談がたくさん書き込まれていた。
小豆はせいぜい2年物が限度だそうである。
古い小豆の生死を確かめるには24時間ほど水に浸け水を吸えば使えなくもないらしいけど、味はもうどうしようもない。
諦めて捨てた方が時間とガスと酸素の節約になる。
地球温暖化に対して今私たち日本人ができること。
それは古い小豆を煮ないことだ。

スポンサーリンク

初めてのあんこ作り

というわけで渋々新しい小豆(300g)を25バーツで買ってきてあんこ作りに取りかかった。
まず小豆を洗い火にかける。
沸騰したら一度火を止めふたをして30分ほど蒸らし水を捨てる。
あるいは沸騰後3分ほど煮てから水を捨てる。
ぼくは3分煮てから渋切りをした。
どちらが良いのかどう違うのかはわからない。

粒餡は簡単にできる

粒餡は簡単にできる

再び火にかけ水を足しながらことこと煮続ける。
1時間15分ほど煮込んだところで火を止め汁を捨てた。
これに小豆と同量の砂糖を加え錬え錬ること約10分。
最後に塩を少々加え味を調える。
おお、見事なできばえじゃないか。
粒餡は小豆に砂糖を加えるだけだから柔らかく煮さえすれば食べられなくはないのである。

タイのあんこは黄色い

タイ人は小豆にあまり馴染みがない。
スーパーに小豆が出回り始めたのは比較的近年になってからのことである。
餡文化圏で餡自体は古くから食べられているのだけれど定番は緑豆の黄色い餡。
あんまん(タイでもポピュラーな食べ物)などには緑豆ではなく黒豆の漉し餡を使う。
イカ墨のように真っ黒い少し不気味な餡である。
ヤマサキや大福本舗の進出で小豆餡もだいぶん普及してきてはいるものの人気は今ひとつだ。

紫芋を使っているらしい

紫芋を使っているらしい

粒餡こそがあんこである

ちなみにぼくにとってあんこといえば粒餡である。
漉し餡派に言わせると
「粒餡は品がなくて粗野、育ちの悪さが伺える」
と自分たちのお上品さを主張、粒餡派を見下し溜飲を下げる。
確かに粒餡と漉し餡ではかかる手間がまったく違う。
粒餡を作るのは簡単だけれど漉し餡となると工程がめったやたら増えレシピを見ただけでげんなりしてしまうくらいだ。
ぼくは粒餡派だけれどよく考えれば漉し餡を食べてうまいと思うこともある。
赤福とかね。
でもやっぱり最中やどら焼き、あんまんは絶対粒餡ですぜ。

やっぱり粒餡が好きだ

やっぱり粒餡が好きだ

幻のタイ式粒餡

タイ北部にはトゥア タム オーイという赤インゲン豆と黒糖から作る粒餡がある。
「タイにはあんこらしいあんこがなくてね・・・」
とタイ在住数十年の甘党大兄が嘆くので村の婆様が作るバナナの葉に包まれたトゥア タム オーイを手渡したところ、
「素晴らしい!本物のあんこだ」
目を瞠り大声を上げた。

赤インゲン豆と黒糖で作る我が村の粒餡

赤インゲン豆と黒糖で作る我が村の粒餡

トゥア タム オーイはどういうわけか冬期限定の伝統スイーツなのだけれど、時代遅れの菓子とされ作る人がすっかりいなくなってしまった。
今ではぼくの住む村のような田舎でないとなかなか口にすることができない幻の粒餡である。
これがうまいんだ。本当に。

菓子
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

  1. ただの酔っ払い より:

    はじめまして。
    私は、緑豆で造ります「
    鶯あずき、美味しいですよ

    • ushiomushiom より:

      緑豆もやしをたまに作り、揚げ緑豆を毎日酒のつまみにしております。今度緑豆のあんこにも挑戦してみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました