新型コロナウイルス感染者タイで爆発的に増加

ニュース

バンコク近郊のサムットサーコーン県で過去最大のクラスターが発生した。感染者の大半はミヤンマーからの出稼ぎ労働者。同県のマーハーチャイ市場には新鮮な魚介類を求めてバンコクからも多くの買い物客が訪れるためさらなる感染拡大が懸念されている。

スポンサーリンク

バンコク近郊で過去最大のクラスター発生

*修正

18日、バンコク近郊サムットサーコーン県で67歳女性の感染者が出て以来、次々と新たな感染者が確認され19日夜の時点で548人に達した。
タイのこれまでの感染者数は4300人程度だから1日で1割以上の増加となりタイ国民に大きなショックを与えている。
感染者のほとんどはミヤンマーからの出稼ぎ労働者。
サムットサーコーン県は有名なマハーチャイ市場をかかえ周辺では多くのミヤンマー人が働いている。
感染者の数は今後もさらに増加するに違いない。

スポンサーリンク
タイの最新現地事情とニュースのかけら
あちこちでクラスターが発生しさらに広がりを見せているタイのコロナウイルス感染状況。一般へのワクチン接種が6月より開始され在住外国人も無料で接種が受けられる、などのニュース。

サムットサーコーン県ロックダウン

19日夜、サムットサーコーン知事は感染拡大を防ぐため来年1月3日まで14日間ロックダウンを行うと発表した。内容は以下の通り。
・22.00から05.00まで夜間外出禁止。
・外国人労働者の県外への移動禁止。
・タイ人の県外移動は可能だが届け出が必要。
・感染者が関係した水産市場の一時閉鎖
・通常の市場は1日6時間以内の営業可。
・スタジアム、教育施設の一時閉鎖
・許可を受けた飲食店以外は原則持ち帰りのみ。
・コンビニは05.00より22.00まで。

感染拡大は必至?バンコクのバス利用者要注意

新たに感染が確認された548人の感染者のほとんどはミヤンマーからの出稼ぎ労働者。
問題視されているのがバスを移動手段とし頻繁にバンコクや近郊の町と行き来していること。
ポー7,43、ポー68、105、140、141、142、8328、などのバスを使った可能性があり利用者に注意を呼びかけている。

バンコクプラチャーチューン地区の高齢女性感染

バンコクプラチャーチューン地区に暮らす78歳女性のコロナ感染が確認された。
女性は感染が拡大しているサムットサーコーン県のマハーチャイ市場へ頻繁に出掛けている。
マハーチャイ市場は新鮮な魚介類を扱う市場として有名。
バンコクからも多くの人たちが買い物に訪れる。

タイのエビ輸出産業大打撃?

一連のコロナウイルス感染拡大はサムットサーコーン県の中央エビ市場より始まったため輸入国が買い控えをしエビの輸出に大きな影響が出るのではないかと関係者は危惧している。

ニュース
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました