《楽々タイ語の読み書き》第8回 母音で終わる語3

タイ語の読み書き

母音で終わる語(音節)最終回。今回は短母音のサラ・ウアのついた音節から最後のサラ・アイのついた音節までの読み方の説明です。

《楽々タイ語の読み書き》第7回 母音で終わる語2
母音で終わる語1の続き。今回はサラ・エーのついた音節からサラ・ウーのついた音節までの読み方の説明です。
スポンサーリンク

サラ・ウア:  のついた音節

子音+サラ・ウア: の音節は、子音に母音 ua:をつけて読みます。

*この音節に限りませんが、タイ語の短母音は唐突に音を切るように発音します。

母音 ua: のついた子音の読み方

この母音は実際にはあまり使われていません

考え方

〔例1〕子音が ph の音で母音が ua:(ウア:)だから phua:(プア:)。

〔例2〕子音の位置に オー アーン がある場合、オーアーン についた母音だけを読むので ua:(ウア:)

スポンサーリンク

サラ・ウア のついた音節

子音+サラ・ウア の音節は、子音に母音 ua をつけて読みます。

*先の短母音のウアはピタリ音を止めるように発音しますが、この長母音のウアはウゥアという具合に少し伸ばし加減で発音します。

母音 ua のついた音節の読み方

母音 ua のついた音節の読み方

考え方

〔例1〕子音が phの音で母音が ua(ウア)だから phua(プア)。

〔例2〕子音が w の音で母音が ua(ウア)だからwua(ウゥア)。

《楽々タイ語の読み書き》第1回 タイ語のつくりとコーカイ
タイ語の読み書きはとても簡単。なぜならタイ語は42文字しかありません。しかもローマ字のように母音と子音を組み合わせるだけ。早い人なら数週間で基礎的な読み書きができるようになります。

サラ・ウア: のついた音節

子音+ サラ・ウア: の音節は、子音に母音 ɯa:をつけて読みます。
短母音なのでピタリ音を止めるような発音です。

この母音は実際にはほとんど使われていません

この母音は実際にはほとんど使われていません

考え方

〔例1〕子音の位置に オー アーン がある場合、母音だけを読むので ɯa: (ウア:)。

*カタカナではウとしていますが ɯ はウのように口を丸めずイの感じで発音します。

スポンサーリンク

サラ・ウア のついた音節

子音+サラ・ウア の音節は、子音に母音 ɯa をつけて読みます。

*先の短母音のウアはピタリ音を止めるように発音しますが、この長母音のウアはウゥアという具合に少し伸ばし加減で発音します。

母音 ɯa のついた音節の読み方

母音 ɯa のついた音節の読み方

考え方

〔例1〕子音が r の音で母音が ɯa(ウア)だから rɯa(ルア)。

〔例2〕子音が s の音で母音が ɯa(ウア)だから sɯa(スア)。

*カタカナではウとしていますが ɯ はウのように口を丸めずイの感じで発音します。

サラ・イア: のついた音節

子音+サラ・イア: の音節は、子音に母音 ia: をつけて読みます。
短母音なのでピタリ音を止めるような発音です。

この母音は実際にはあまり使われていません

この母音は実際にはあまり使われていません

考え方

〔例1〕子音が pの音で母音が ia:(イア:)だから pia:(ピア:)。

〔例2〕子音が k の音で母音が ia:(イア:)だから kia:(キア:)。

*ここでは便宜上、短母音を : で表していますが発音記号は ʔ が用いられることもあります。

*一般に、母音で始まる音節は溜めていた息を一気に吐き出す感じで発音します。
また、短母音で終わる音節は「あっ」というときのように、声門を急に閉じて発音を止めます。

スポンサーリンク

サラ・イア のついた音節

子音+サラ・イアの音節は、子音に母音 ia をつけて読みます。

*先の短母音のイア:はピタリ音を止めるように発音しますが、この長母音のイアはイィアという具合に少し伸ばし加減で発音します。

母音 ia のついた音節の読み方

母音 ia のついた音節の読み方

考え方

〔例1〕子音が l の音で母音が ia(イア)だから lia(リア)。

〔例2〕子音が m の音で母音が ia(イア)だから mia(ミア)。

サラ・アオ のついた音節

子音+サラ・アオ の音節は、子音に母音 ao ( au とも発音) をつけて読みます。

母音 ao のついた音節の読み方

母音 ao のついた音節の読み方

考え方

〔例1〕子音が p の音で母音が ao(アオ)だから pao(パオ)。

〔例2〕子音が b の音で母音が ao(アオ)だから bao(バオ)。

スポンサーリンク

サラ・アム のついた音節

子音+サラ・アム の音節は、子音に母音 am をつけて読みます。

母音 am のついた音節の読み方

母音 am のついた音節の読み方

考え方
〔例1〕子音が th の音で母音が am(アム)だから tham(タム)。

〔例2〕子音が c の音で母音が am(アム)だから cam(チャム)。

《楽々タイ語の読み書き》第5回 母音の種類、発音、発音記号等
コーカイの次は母音です。コーカイは子音を表した文字なのでこれだけを並べても読み書きはできません。母音記号と組み合わせることによってはじめて意味のある音になります。

サラ・アイ のついた音節

子音+サラ・アイ の音節は、子音に母音 ai をつけて読みます。

母音 ai のついた音節の読み方

母音 ai のついた音節の読み方

考え方

〔例1〕子音が w の音で母音が ai(アイ)だから wai(ワイ)。

〔例2〕子音が ph の音で母音が ai(アイ)だから phai(パイ)。

サラ・アイ のついた音節

子音+サラ・アイ の音節は、子音に母音 ai をつけて読みます。
先のアイの文字とこのアイの文字の音はまったく同じです。

母音 ai のついた音節の読み方

母音 ai のついた音節の読み方

考え方

〔例1〕子音が c の音で母音が ai(アイ)だから cai(チャイ)。

〔例2〕子音が d の音で母音が ai(アイ)だから dai(ダイ)。

マイ マラーイとマイ ムアン

マイ マラーイとマイ ムアン

《楽々タイ語の読み書き》第9回 母音で終わる音節の声調
タイ語には声調があります。語を発するさいはその音に上下、いわば節をつけなければなりません。声調は文字を見ればわかるようにてきています。今回は今まで学んだ母音で終わる音節の声調についての話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました