《タイ最新ニュース》サンダル履き運転は違法?

ニュース
スポンサーリンク

2020年11月18、19日の新型コロナウイルス感染状況

2020年11月18日までの新型コロナウイルス感染状況

新たな新型コロナウイルス感染確定者は3人増え3878人に。死者は変らず60人。
感染したのは、イギリス(2人)、からの渡航者。検疫隔離中の検査で判明。
もう一人はフィリピンから入国した貨物機の乗員(インド人女性、20歳、無症状)、入国時の検査で判明。
国内感染者はなし。

2020年11月19日までの新型コロナウイルス感染状況

新たな新型コロナウイルス感染確定者は2人増え3880人に。死者は変らず60人。
感染したのは、アラブ首長国連邦(タイ人)、ベルギー(ベルギー人)からの帰国者及び渡航者。検疫隔離中の検査で判明。

スポンサーリンク

バンコク反政府デモの動き

17日の反政府デモ

・17日タイ上下院は国会で憲法改正に向けた審議を始めた。
・それに合わせ反政府グループが圧力をかけるため国会抱囲を呼びかけ。14.00頃から人が集まり数千人規模のデモに。
・一時体制派の黄シャツ団と衝突小競り合い。
・警官隊は国会の手前にバリケード。
・バリケードを壊し突入しようとするデモ隊に警官隊は放水、催涙ガス、ゴム弾で阻止。
・デモ隊は催涙ガス弾の投てきを止めない警官隊に反発。
・19.30頃、キヤックカーイ交差点近辺のバリケードに突入、警官隊を後退させる。
・国会手前に拠点を置き演説、憲法改正、議会解散、首相退陣などを要求。
・21.00頃、18日16.00ラーチャプラソン交差点に再集合を呼びかけ解散。

・今回のデモでは18人が病院へ運ばれた(催涙ガス被害12人、怪我5人、過呼吸1人)
*後に怪我人は全部で55人と発表。

・警官隊が強硬手段をとったことに対しデモ隊のリーダーは、
「今まで節度あるデモを行ってきたが、これからはもう手段を選ばない。人民に危害を加える者は人民の的である」
と反発を露わにしている。
・警察は「国会議事堂半径50m以内に近づかせないためのやむを得ない措置」と発表。

スポンサーリンク

18日の反政府デモ

・18日夕方、1万人前後のデモ隊がラーチャプラソン交差点(エラワン像のある所)に集結。
・反政府グループが指示する王室に関する憲法改正案は国会で否決。
・デモ隊は交差点に接する警察本部前を取り囲む。
・警官隊は敷地内に2000人を配置、絶対に侵入してこないよう呼びかけ。

・デモ隊は柵の外で罵声を浴びせ一部の者が柵や広告塔にペンキをかけ周辺にスプレーで落書き。昨日警官隊がデモ隊に対し放水や催涙弾など武力行使したことへの報復と発表。
・警官隊はデモ隊防御用の機器Long Range Acoustic Deviceを使用しデモ隊を阻止。
*151デシベルの音波を出して鼓膜に刺激を与える装置。人体に害はなく放水より人道的とのこと。
・デモ隊リーダーは25日にビッグサプライズが起きると予告し抗議デモは解散した。

サンダル履き運転は違法?

サンダル履きで車の運転をするのは交通法規に違反する、というニュースがSNS上で広くシェアされている。
これに対して陸運局及び運輸通信省は、
「運転時にサンダルを履いてはいけないという法があるのは事実だが一部の職業ドライバー(トラック、バス、タクシー、バイクタクシー等)にのみ適用され、一般人がサンダル履きで車やバイクの運転を禁止する法はない」と公表。
広まっているニュースは間違った解釈なのでシェアしないで欲しいと呼びかけている。

*職業ドライバーのサンダル履きが禁止されているのはかつてサンダルが原因で事故が起きたことがあるからだそうだ。

ニュース
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました