《日タイ国際結婚》先にタイの役場で入籍する手順

一般

先にタイの役場に婚姻届を出す
さいに必要な書類とその手順、
注意事項などについての説明です。

 

スポンサーリンク

タイの役場にて婚姻届

婚姻届の必要書類は役場によって多少異なることがありますので予め届出役場に確認した方が無難です。
役場に確認をするさい大切なのはまず、国際結婚であることをはっきり伝えること。
通常の婚姻届とは多少手続きが異なります。
それから、その担当者の名を訊いておくと後で役に立つ場合があります。
届出は男女両人が行うのが原則です。

タイ人配偶者の必要書類

1. 国民身分証明書確認用原本及びコピー裏表 1部
2. 住居登録証確認用原本及びコピー 1組
3. 証人2名及び証人の国民身分証明書コピー 1部
4. 通訳及び通訳の国民身分証明書コピー 1部

日本人配偶者の必要書類

1. パスポート原本及びコピー 1部
2. 独身証明書原本 1部
タイ外務省の認証を受けたタイ語訳 1部
3. 結婚資格宣言書原本 1部
タイ外務省の認証を受けたタイ語訳 1部
*ワークパーミットを持っている場合、コピーの提出を求められる場合があります。

 

《日タイ国際結婚》先にタイで入籍する場合の必要書類
タイ人と結婚をする場合、日本で先に届け出をするのとタイで先に届け出をするのとでは手順が異なります。今回はタイで先に婚姻届けを出すさいに必要な書類について説明します。

届出役場の選択

届出は原則どこの役場でも可能です。
しかし、タイ人配偶者が女性の場合、女性敬称(MissからMrs.)の変更、姓の変更の手続きは住居登録している役場で行うため、住居登録している役場に届けた方が効率的だと思われます。
ただ、不要な書類を要求したり対応が悪かったり、やり辛い役場がありますのでそういう場合は早々に見切りをつけ、やり易いところで先に届出した方が楽かもしれません。
国際結婚の場合、役場によっては1日に受け付けるカップル数を制限し、予約が必要なことがありますのでご注意ください。

人気の役場

バンコクのバンラック(正しくはバーンラック)役場はタイのカップルにもっとも人気のある役場です。
ラックは植物名なのですが音が同じ「愛」にひっかけ、縁起のよい役場として知られ、タイ人と外国人のカップルもよく訪れます。
また、ラックスィー役場も外国人との婚姻届に慣れ、対応がよい、と評判です。
地方では慣れていない担当者に右往左往させられることが多々あるのですが、これらの役場は経験が豊富なため手続きがスムーズ。
しかし、人気の役場は事務処理が間に合わず、1日に受け付けるカップル数を制限している場合があります。
予めご確認のうえ、なるべく朝早くお出かけください。
ちなみに、ライン、フェイスブックでも予約ができるとのことです。

*******************  2に続きます。

一般
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました