タイのお寺でやっていいこと悪いこと

文化

外国人だからかまわないだろうなどと思わないでください。大らかなタイの人たちですが宗教に関してはとてもデリケート。運が悪ければ警察沙汰になる可能性もあります。是非とも知っておきたいお寺と僧に関するマナーです。

スポンサーリンク

寺へ出かける前に服装をチェック

タイ人は仏教を篤く信仰しお寺をとても神聖視しています。
寺へは身なりを整えてから行ってください。
できれば上下白の長袖長ズボン(スカート)。
透き通った生地はだめ。
飾りたてたもの、派手な柄もの、豪華なものもだめ。
スリットの深く入ったもの、ミニスカートもだめ。
あくまでも質素でゆったりした服(礼拝などをするため)がよしとされています。

白装束が推奨されている

白装束が推奨されている

服装以外には、妙な髪形はだめ。香水もだめ。
化粧もだめ。高価な指輪、金、装飾品なども原則禁止。
と、お寺の作法を書いた本にはあるのですが、あくまでもこうあるべき、といった指針なのでタイ人自身、厳しく守っているわけではありません。
特に女の子たちはミニスカートなど寺に相応しくない格好の者も多く、従来の習慣を軽視する傾向が強まっています。

スポンサーリンク

女人は乳と太ももを隠すべし

ま、どういう服装であろうが、寺はタイ人にとって神聖な場所である、ということだけは忘れないように。
最低限、乳や乳頭が隠れ太ももが見えないぐらいの服装であれば問題はないでしょう。
女の人の太ももというのは空から仙人が落ちてくるぐらいのパワーがありますからね。
お坊様たちの修行の妨げになること必至です。

日々修行に勤しむお坊様

日々修行に勤しむお坊様

有名なエメラルド寺院のように服を貸し出してくれるのは外国人観光客が多いお寺に限られます。
ふさわしくない格好、と判断された場合は本堂へ上がることはできず、周辺をぶらぶらするだけになるし、ひんしゅくも買いますので気をつけて下さい。
靴はどちみち本堂へ上がる際に脱ぎますから別にサンダルでもかまわないでしょう。
逆にあまりにいい靴だと間違えて(?)履いていかれたりする可能性があります。

本堂で注意しなければならないこと

本堂は土足厳禁。
帽子、サングラスもとってください。
階段のところで靴を脱いで上がり、本尊の近くまでいくのですが、座っている人の面前を横切るのは不作法なので気をつけます。
やむを得ない場合は腰を屈めるようにして歩のがタイ式マナーです。

仏像を立って拝むのはNG

仏像を立って拝むのはNG

本尊は決して立ったまま拝んではいけません。
横座りまたは正座が基本姿勢。
そして指先が髪の生え際辺りにくるよう手を合わせ、合わせた手を開きながら床へ伏します。
この動作を三度繰り返す。これがタイの三拝です。
要領がわからなければ周りのタイ人を観察してください。

本堂の仏像は基本、座って撮影
寺によっては立っての仏像撮影や撮影そのものが禁じられている場合もあるので事前に周りを見渡して確認してください。
雑な態度で撮影してはいけません。
僧や仏像にカメラを向けるとき一礼をする人もいるくらいです。

スポンサーリンク

そのほかの注意しなければならないこと

・興味本位にあちこち立ち入ってはいけません。
特に女の人は女人禁制の場所があるから気をつけてください。

《立っての撮影禁止》の注意書き

《立っての撮影禁止》の注意書き

・ふざけたり大声を出したり、はしゃいだりしてはいけません。
寺はタイの人たちにとって神聖な場所であることをくれぐれも忘れないでください。

・絶対に缶ビールなどを飲んではいけません。
寺での飲酒は法律で禁止され、違反した場合は逮捕されます。

僧との接し方

僧はタイ人にとって侵さざるべき絶対的存在です。
一般人はたとえ外国人といえども不敬な態度をとってはいけません。

僧に対する一般的な注意

*女の人は僧に触れてはならない。
僧とすれ違いそうになったら避けて道を譲る。

*僧にやたら親しく話しかけない。

還俗の儀式

還俗の儀式

*僧より高い位置で僧と話をしない。

*列車やバスなどでは僧に席を譲る。
市内バスの乗車口、ローカルバスの最前列、あるいは最後列は僧の優先席。
電車にも坊様専用シートがある。

仏像の扱いにも気をつける

タイではどんなにつまらないできそこないの仏像でもそれが仏像である限り決して疎かにしてはいけません。
とりわけ人目につくところの仏像、仏像に模したディスプレーなどは置き方や置き場所が悪かっただけでも批判を受けます。
お守りの仏像ペンダントなども雑に扱うとお叱りを受けますので注意。

*以上はタイで特に注意しなければならないことの一つです。

 

お寺巡りが十倍楽しくなる方法
タイ観光というと真っ先に頭に浮かぶのがお寺。でもお寺巡りって楽しいですか。写真撮って、ハイ、お仕舞い。じゃないですか。それじゃあつまらないですよね。というわけで、お寺巡りを充実させるためのマニュアルです。
文化
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました