《身を守る》タイの治安は良いのか悪いのか

一般

日本でやれないこと、やらないことを海外で
やってみるのはよくあることで、それは
海外旅行の醍醐味でもあります。
しかし、安全面に関しては日本でやらない
ようなことは海外でもやらない方がよいし、
より気をつけなければならない、
という話です。

スポンサーリンク

タクシー運転手に暴行された日本人

何年か前に一人旅の日本の女の人がタイのタクシー運転手に暴行された事件がありました。
タイのマスコミは被害者に対しても容赦がありませんから、病室にまで踏み込んでその人の悲惨な姿を撮りテレビでばんばん流しました。
詳しいことは忘れましたが、確か彼女は夕方バンコクへ着き、タクシーに乗ってバックパッカーの溜まり場カオサーン辺りのゲストハウスへ行ったところ、どこも満室。
仕方ないので運転手に頼み、あちこちホテル探しに連れて行ってもらったそうです。

日本人の信じられない行為

ぼくと娘はそのニュースをテレビで見ていました。
「被害者はホテルを探してくれたお礼に運転手を食事に誘い、その後、人気のないところで暴行されたもようです」
アナウンサーの言葉を聞いた娘は、
「うそだあ。そんなばかなことするはずないよ」
思わず口にしました。
「いや、日本人ってのはするんだよ」
「えっ」
娘は目を瞠りました。

タクシーと乗客の関係はどこでも同じ

本当に、常識じゃあちょっと考えられない。
普通は乗客と運転手が仲良くしたりしないものです。

日本でも同じでしょう。
タクシーは目的地まで安全に運んでくれればいいのであって、いくら人のよい運転手であっても食事に誘ったり、まあ、家に上がってお茶でも、なんてことはあり得ません。
彼らだって好意でなく商売でやっているのですから。
ところが、海外に出たとたんそういったことはころり忘れてしまう。
舞い上がってしまうんですかね。

起きるべくして起きた事件

旅先ではちょっとした親切がひどく嬉しく感じる。
嬉しくなれば気持ちを表したい。
それはそれでいいのですが、やっていいことと悪いことがある。
食事に誘ったりすれば、運転手が
「お、こいつはその気があるんとちゃうか」
と勘違いしても仕方がない。
当人は純粋なお礼の気持ちであっても、そういう経験のない運転手には通じない。
タイの人は絶対にそんなことしませんからね。

で、そのつもりになっていた運転手、のしかかっていったところ意外な抵抗にあいカッときた。
彼女には気の毒ですが、事件は起きるべくして起きました。
彼女は食事に誘うのではなく、少し余分にお金をあげるべきでした。
そうすれば事件は起きなかったろうし、お互い満足して別れられたはずです。

階級差を越える外国人

旅行関係の本の中にも似たような経験談がけっこう載っています。
たとえば、どこかの会社の社長さんが現地会社の運転手を日本の自宅に誘って悦に入ってる。
中には人力車のおじさんと恋をした、とかいう女の人もいる。
別に悪いというわけではありませんが、タイ社会にも人それぞれ立場があり、立場を越えて付き合うことはほとんどありません。
外国人にはわかりにくいものの、タイはけっこう階級社会で見えない壁が存在します。
人力車のおじさんと大卒の女の子が一緒になれば大ニュース。
ところがタイ社会の規範に縛られない外国人とタイ人ならよくある話です。
海外の立派な大学を卒業した人が、ちょっと言葉は悪いですが、タイでは最底辺にいるような相手と結婚するなんてざらにあります。
言葉がよくわからないことも要因のひとつです。
もしお互いが理解し合えたらこういうことはまず起きないでしょう。
確かに、自分の属する社会のしがらみから離れられることが旅の面白さでもあるわけですけど、それにしても・・・。

治安がよいと言われるタイにも裏はある

この事件の前には日本人エアホステスが深夜のタクシーで酷い目に遭わされています。
当人は、
「旅慣れているから」
と自信を持っていたようですが、旅慣れているとかいないとか、そういう問題ではありません。
現地それぞれにやっていいこと悪いことがあるんです。

近年、タイへ移住する日本人が増え、その理由の一つにタイの治安のよさを挙げています。
確かにタイは治安がそれほど悪くはありません。
でもそれは、日中、町を歩いていて襲われることはない、といった程度の治安のよさです。
状況次第ではけっこう怖いところだ、ということを覚えておいて下さい。

タクシーはタクシー

ともあれ、女の人は極力単独行動を避け、一人でタクシーに乗ったりしないこと(特に深夜)。
人けのないところへ連れて行かれ乱暴されたり金品目当てに殺されたりする事件が幾度となく起きています。
旅行者にとってタクシーの運転手はその国で一番身近な存在。
ある面では、その国を代表する人ともいえます。
入れ込みたい気持ちはわかります。
でも、彼らにとって乗客は飯の種に過ぎません。
こういうことを書くとなんですが運転手とは必要以上関わりにならずクールに接することです。

ま、色々、評判のよくない運転手さんたちですが、ときにはタクシー強盗に襲われ身ぐるみ剥がされたりすることもあって大変は大変なんです。
強盗対策に銃を忍ばせている人もいるくらい。
で、カッとくればその銃があなたに向けられますから、トラブルになったときでも冷静に対処してください。

一般
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました