タイの海鮮料理定番 シーフードダレの食べ方、作り方

調味料タレ

ムール貝(ミドリイガイ)のバジル蒸し、ゆがき赤貝モドキ、焼きイカ、焼きエビ、などなど、日本にも似たような料理があるのにタイの海鮮料理はやっぱりタイの味。そのタイの味を担っている評判のシーフードダレについての話です。

スポンサーリンク

酸っぱくて辛くておいしいシーフードダレ

タイの海鮮料理食べたことありますか。
おいしいですよね。
日本だって似たような料理はあるけど、やっぱりタイらしい味。
そのタイらしさを引き立てているのが料理に添えられているシーフードダレ。
タイ語でナムチム タレー、もしくはナムチム シーフー。
タイ料理のタレは甘味が強いものが多いですが、シーフードダレは、酸味、辛味が勝り、甘さはほかのタレよりも多少控えめ。
酸っぱくて辛くておいしいトムヤムのようなタレです。

そもそもは漁師飯のタレだった?

東部海岸、チャンタブリー県辺りの漁師さんたちは、カニの身や魚の身をのせた熱々ご飯の上にタレをかけて混ぜ混ぜしながら食べる習慣があります。
いかにもうまそうでしょう。
このときかけるタレは塩唐辛子ダレ(ナムチム プリック クア)。
塩、唐辛子、地元産の特上ナムプラー、にんにく、にライムを一搾りして作ったものです。

ぼくも数回しか味わったことないですが、新鮮な魚で作った手作りナムプラーまじやばいっす。
うめえなんてものじゃない。これだけでご飯が何杯も食べられます。

右下がシーフードダレ

右下がシーフードダレ

それはともかく、この塩唐辛子ダレがアレンジされ全国に広まったのがシーフードダレのようです。
塩唐辛子ダレとシーフードダレの違いは、塩唐辛子ダレが塩を使い、酸味、鹹味、辛味、という味の構成なのに対し、シーフードダレは塩を砂糖に変え、酸味、甘味、辛味、で味を構成しているところ。
味は好き好きですが、やはり後発のシーフードダレの方が味のバランスに長けているようです。

スポンサーリンク

焼き肉にもサーモンの刺身にもシーフードダレ?

このタレ、そもそもは魚介類の生臭さを消すために考案されたといいます。
タイ人は川の魚に慣れていて泥臭さはけっこう平気ですが、海の魚介類の臭いは気にします。
海鮮料理とよく組み合わされるため、シーフードダレと呼ばれ始めたものの、ベーコン、焼き豚、豚鍋(ムーカタ)、ドイツの豚料理にも合うのだとか。
さらには近年タイで大ヒットした「サーモンの刺身にも最高!」という人もいますが、これはちょっと勘弁して欲しいですね。
サーモンの刺身はやっぱりワサビ醤油。

シーフードダレのレシピ1

材料 1カップ分くらい

ニンニク               4片
パクチーの根     3本
キーヌー唐辛子  適宜
刻みパクチー      適宜
ピップ砂糖         大さじ2
ライム汁             大さじ6
ナムプラー         大さじ3

※キーヌー唐辛子は小粒のとても辛い唐辛子。

※ピップ砂糖はブリキ缶に入ったねっとりとした砂糖。
本当はヤシ砂糖のことをいうのだけれど普通の砂糖を加工した偽物が多い。
甘さが欲しいときは普通の砂糖でも大丈夫。尖った甘さを避けるにはピップ砂糖を使う。

器のネギのようなのがパクチーの根

器のネギのようなのがパクチーの根

※パクチーの根は香りを引き出すため。なくても大丈夫。

作り方

1. パクチーの根、ニンニク、唐辛子を手臼で細かく搗く。
2. 1を器に入れ、刻みパクチー、砂糖、ナムプラー、ライム汁、を投入。
3. よく混ぜ合わせれば完成。

スポンサーリンク

シーフードダレのレシピ2

材料         小さめのカップ1杯分

粒胡椒                       7粒
キーヌー唐辛子     適宜
刻みニンニク          大さじ1
ナムプラー              大さじ 2.5
ライム汁                   大さじ 2.5
砂糖                          小さじ半杯(入れなくても可)
化学調味料             適宜

作り方

1.粒胡椒を細かく砕く
2.唐辛子、にんにくを入れて搗く
3.2に調味料を入れて好きに味付け

家の手抜きシーフードダレ

先ほどつれあいは、唐辛子、にんにく、パクチーの根、ナムプラー、砂糖、だけであっという間にシーフードダレを作ってしまいました。
早さの秘密は、ずるをして予め砂糖を溶かしたナムプラーを隠し持っていたためのようです。

本当はもっと緑っぽい色をしています

本当はもっと緑っぽい色をしています

赤唐辛子を使ったので赤っぽくなってしまいましたが、緑の唐辛子を使えば緑っぽくなります。
味は今ひとつでした。

ナムチムとナンプラーは折り合わない

日本のサイトを見るとみなさん、どこそこのナムチムはうまい、とか、ナムチムのレシピご紹介、とかお書きになっていらっしゃいますが、その一方で、タレの材料であるナムプラーをナンプラーと表記しています。
これっておかしくないですか。
ナンプラーのナンもナムチムのナムも、タイ語で「水、液体」を意味するナームです。

本当は8種類ぐらいのタレのレシピを載せようと思っていたのにシーフードだけでページが埋まってしまいました。ほかのタレに関してはまた後日。

調味料タレ
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました