日タイ国際結婚《日本で入籍後の手続き》

文化

日本での婚姻届けが終わった!
まずはおめでとうございます。
しかし気を抜いてはいけません。
日本領事館、タイ外務省認証、
タイ郡役場。
手続きはまだまだ続きます。

 

注意) 2年ほど前に書いた本の抜粋なので情報が古くなっているかもしれません。
実際の手続きのさいには今一度関係先にご確認ください。

スポンサーリンク

タイ役場への届出概要

日本で婚姻届を出した後、通常はタイでも届出をすることになります。
タイ人が外国の法の下に結婚した場合、タイでさらに婚姻届をする必要はありませんが、両国で婚姻における法的効力を生じさせるための報告的届出をする必要があります。
この届出をもとに作られる書類を家族状態登録簿(タビアン バントゥック ターナ ヘン コープ クア)と言います。
諸事情からタイで届出をしない人たちも少なからずいるようですが、届出は義務付けられていますし、子供の国籍やビザなどの問題を考慮しますと、届出をした方がよさそうです。

タイの役場に届出するさい重要になる書類は、在タイ日本大使館が発行する英文の婚姻証明書です。これは新しい戸籍謄本をもとに在タイ日本大使館で作成され、受領後、タイ語に訳して先の外務省認証課で認証を受けます。
届出するのは基本的にタイ人配偶者の住居登録証に記載されている役場になります。
法律上はどこの役場に届け出てもよいことになっているようですが、タイ人配偶者が女性の場合、MissからMrs.の変更、姓の変更など、後々のことを考えますと、最初から住居登録証のある役場で届出た方が無難です。
異なる役場に届ける場合はその役場にご確認ください。

家族状態登録簿届出の際に必要な書類

家族状態登録簿の届出に必要なものは、在タイ日本大使館発行の婚姻証明とタイ外務省で認証を受けたそのタイ語訳、そしてタイ人側の身分証明書ということになります。
役場によっては住居登録証や証人が必要になることもあるので予めご確認下さい。

1. 在タイ日本大使館発行婚姻証明書英語原本 1部
►同タイ語訳 (タイ外務省の認証が必要) 1部

2. 国民身分証明書確認用原本及びコピー裏表 1部

3. 住居登録証確認用原本及びコピー(役場によっては不要) 1部

4. 証人2人 (役場によっては不要)

家族状態登録簿を届出できるのはタイ国籍者のみで、原則、日本人配偶者は行かなくてもかまいませんが、念のため確認しておくとよいでしょう。
国際結婚の手続きに慣れていないローカルな役所では法を知らない担当者に振り回されることがあります。

家族状態登録簿届出の流れ

1. 日本で新しい戸籍謄本を発行してもらい、タイの日本大使館にて婚姻証明書申請。

2. 婚姻証明書をタイ語に翻訳、外務省で翻訳認証。

3.認証済みの書類を役場に提出、家族状態登録簿に婚姻登録

在タイ日本大使館にて婚姻証明書申請

タイの役場に日本での婚姻事実を届け出るには、それを証明する在タイ日本大使館発行の婚姻証明書が必要になります。

必要書類

1. 証明発給申請書 1部
用紙は在タイ日本大使館ウェブサイトよりダウンロードできます(代理人の場合は英語で記入も可)。

2. 新しい戸籍謄本 1部

3. タイ人配偶者の国民身分証明書確認用原本及びコピー 1部

4. タイ人配偶者のパスポート確認用原本及びコピー 1部
(取得していない場合は不要)

日本人配偶者が渡タイせずに手続きする方法

婚姻証明書は在タイのタイ人配偶者による代理申請、受け取りも可能です。
大使館のホームページから委任状をダウンロードし、委任者が委任状内の代理人氏名を自筆で記入のうえ、大使館に申請します。

代理申請の場合、日本人が郵送しなければならない書類

・日本人が署名した申請書
・新しい戸籍謄本
・日本人が署名した委任状

*タイ人配偶者は申請時に身分証明書のコピーが必要です。

使用する姓の同意書

タイ人配偶者が女性の場合、タイの役場に婚姻事項を届出するさい、敬称及び使用する姓の選択をなければなりません。これには日本人配偶者の合意、役場にての署名が必要です。
日本人配偶者が渡タイせずにこの手続きを行うには、在日タイ大使館が発行する、使用する姓の同意書(姓名変更に関する同意書、称する氏に関する同意証明書などとも呼ばれています)が必要になります。

必要書類
1. 新しい戸籍謄本(日本外務省の認証印が必要) 1部
そのタイ語訳 1部

2. 日本人配偶者のパスポートもしくは運転免許証コピー 1部
パスポートは関係するすべてのページ、免許証は裏表を1枚に

3. 国民身分証明書コピー裏表 1部

4. 住居登録証コピー 1部

5. パスポートコピー(あれば) 1部

*身分証明書や住居登録証は原本の提示を要求される場合もあります。
申請前に在日タイ大使館にてご確認、ご相談ください。

姓および女性敬称の変更申請について

タイ人配偶者が女性の場合、夫姓への変更、ミスからミセスへの変更の選択をしなければなりません。
現在、タイは結婚後もそれまでの姓やミスが使えますが、ビザの発給などに支障が出かねないことなどを考慮しますと、夫姓へ改姓、ミセスに変更した方が無難に思えます。
姓の変更、ミスからミセスの変更、それにともなう住居登録証の変更は住居登録をしてある役所で家族身分登録証申請のさい、必要に応じて行います。
住居登録地以外の役所に届出した場合は、家族身分登録証申請が終わった後、住居登録をしてある役所で改めて手続きをすることになります。

先に記載したように、姓の変更は夫の同意、署名が必要です。日本人配偶者が日本在住で届出に同行できない場合は、在日タイ大使館に姓変更の同意証明書を申請することになります。
婚姻届を出した時点で姓を変更するかそのまま使用するか選択しなければならないため、役場によっては姓を変更しなくても同意証明書を求める場合がありますので事前にご確認下さい。

*両者とも日本在住でタイへの渡航が困難である場合は代理申請も可能です。

*日本外務省の認証は代理申請、郵送申請が可能で、窓口に申請した場合、翌日受け取り。必要書類は、身分証明書と申請書(ダウンロード可)です。

タイ外務省にて婚姻証明の認証

タイの役場に提出する書類はタイ語でなければなりません。大使館が発行する婚姻証明書は英文のため、タイ語に翻訳後、タイ国外務省領事局国籍認証課へ行き、その訳が正しいことを証明する認証を受ける必要があります。
認証申請は日本人でもタイ人でもかまいませんが、タイ人配偶者が手続きした方が何かとスムーズにいきます。代理申請も可能です。

タイの役場に届出

先にも述べたように家族状態登録簿はどこ役場でも届出可能ですが、タイ人配偶者が女性の場合、住居登録をしている役場で届け出た方が姓変更などの手続きにおいて便利です。

家族状態登録簿について

国外で先に入籍した場合、タイで行うのは婚姻届ではなく家族状態登録簿の届出です。
本来、タイの役場で婚姻届が受理されれば、婚姻証明書が男女1枚ずつ発行されるのですが、タイで婚姻届をしていませんので、婚姻証明書は発行されないことになります。その代わりになるものが、家族関係を記載した家族状態登録簿です。
家族状態登録簿は届出て登録されても、申請しない限り発行されないません。以後、必要になる場合に備え、届出のさいに何部かまとめて取得しておいた方がよいでしょう。英語でも発行できるとのことです。

文化
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました