日タイ国際結婚《日本で先に届出する場合の手順》

文化

 

日本人とタイ人の国際結婚は
想像以上に手間がかかります。
面倒だと思ったり、
腹を立てたりせず、
役所というのはそういうものだ、
と覚悟を決めて挑みましょう。
今回は先に日本で婚姻届けを
出す場合についての手順です。

 

注意) 2年ほど前に書いた本の抜粋のため情報が古くなっているかもしれませんが、基本的な流れはそう変わらないと思われます。
実際の手続きのさいには今一度関係先にご確認ください。

 

スポンサーリンク

日本が先かタイが先かで異なる手続き

タイ人と結婚をする場合、日本で先に届け出をするのとタイで先に届け出をするのとでは手順が異なります。
基本的に、日本人が日本在住の場合は日本を先に。タイ在住の場合はタイが先。
こういうことになろうかと思いますが、どちらの方法を選ぶにしろ、最初の手続き(創設的手続き)国で外国人となる配偶者の書類集めがメインになり、負担がかかります。
ここでは、日本で先に婚姻届けを出す場合の手順について説明します。

日本で先に届出する場合のメリット、デメリット

メリット
*比較的、必要書類が少ない。
*タイ人配偶者が来日する必要がない。
通常、タイ人配偶者が用意した書類を日本人配偶者のみで届出できます。
*新しい戸籍の記載が早い。
相手の方がタイ人女性で、既に妊娠し、生まれてくる子供に日本国籍を望むような場合等は有利です。

デメリット
*婚姻証明書が発行されない。
日本の後にタイの役場へ届出した場合、婚姻証明書が発行されません(あった方が便利です)。
*タイ人配偶者の負担が大きい。
配偶者が書類の準備に奔走しなければなりません。
*タイ人配偶者の姓変更手続きが面倒になる可能性がある。
配偶者がタイ人女性で、敬称及び姓の変更をする場合、日本人配偶者が同行し、署名しなければなりません。渡タイできない場合は在日タイ大使館での手続きが必要になります。

 

《日タイ国際結婚》先にタイで入籍する場合の必要書類
タイ人と結婚をする場合、日本で先に届け出をするのとタイで先に届け出をするのとでは手順が異なります。今回はタイで先に婚姻届けを出すさいに必要な書類について説明します。

日本で先に届出する場合の大まかな手順

日本で先に婚姻届を出す場合の大まかな手順は以下の通り。

1. 届出をする市町村役場に問い合わせる。

2. タイ人配偶者が必要書類を取得する

3. 婚姻届など、役場の書類にタイ人配偶者の署名を求められた
場合、その書類をタイ人配偶者へ郵送する。

4. タイ人配偶者が、必要書類、および日本人配偶者から郵送さ
れた書類に署名をし日本へ送る

5. 日本の役場にて届出

6. タイの役場に届出

*ここでは、日本人配偶者が日本に、タイ人配偶者がタイに在住している場合を想定しています。

苦労するもしないも届出役場次第

まず、しなければならないのは、婚姻届をする市町村役場に、電話なりメールなりでタイ人と結婚する場合の必要書類を訊ねることです。これ、極めて重要。
というのは、役場によって必要書類が異なり、手間をかけて取得した書類が不要だったり、書類が不備で期限内での届出ができなかったり、といった目に遭う場合があります。

問い合わせのポイント

・タイ人と婚姻届を出す場合の手続き、必要書類。
・それぞれの書類について外務省の認証が必要かどうか。
・申述書が必要であれば、その書き方、見本の有無。
・婚姻届の具体的な書き方
・タイ人が署名しなければならないかどうか。
・タイ人の署名は何語か。
・コピーに署名はいるかどうか
・生年月日は和暦か西暦か、等

***********

先に日本で婚姻届をする場合の実際の手続き

日本人とタイ人のカップルが日本の法律のもとに日本で先に婚姻届を出す場合、実際にタイ人配偶者に求められる基本的な書類は以下の通りです。

婚姻届に必要な日本人の書類

日本人が必要とする書類は全国同じです。ただし離婚歴がある場合は前婚の離別日記載のある戸籍謄本が必要となります。

1. 届書1通。印鑑
2. 戸籍謄本または全部事項証明書
(本籍地以外に提出する場合)

タイ人配偶者の必要書類

重要
現在、タイの役所がデジタル化して大きく変わり、出生証明書、住居登録証、離婚証明、など、たいていの書類が英語で発行できるようになっています。
それに伴い英訳が不要になりますし、外務省の認証の要不要にも影響があるかもしれません。
詳しくは日本の届け出役場にご確認下さい。

1. 独身証明書タイ語原本 1部
►同英訳 (タイ外務省の認証が必要) 1部
►同和訳 (認証の必要はありません) 1部
*独身証明書は住居登録をしてある役場で申請できます。

2. 住居登録証 (タビアンバーン) コピー
もしくはタイの役場が発行する謄本
(T.R.14/1 トー ロー スィップスィー タップ ヌン) 1部
住居登録証原本を差し出すわけにはいきませんので、原本の提出に拘る役場には、代わりにタイの役場が発行する別の書類を提出することになります。
►同英訳 (タイ外務省の認証が必要) 1部
►同和訳 (認証の必要はありません) 1部
役場によっては、和訳のみ、あるいは英訳の認証が不要のこともありますので予めお問い合わせください。

3. 申述書原本   1部
►同和訳 (認証の必要はありません) 1部

 

タイ役場で英訳書類の発行が可能に
日本のみなさんにはあまり関係がないのでご存じないと思われますが、昨年からタイ役場ではタイ語の証書類の英訳発行が可能になっている、という話です。

必要となるかもしれないその他の書類

*国民身分証明書コピー     1部
►同和訳 (認証の必要はありません) 1部
役場によってはタイ外務省にて認証を受けた英訳も提出しければならないことがありますので予めお問い合わせください。

*パスポートコピー (取得されていない場合は不要) 1組

*出生証明書コピー 1部
►同英訳 (タイ外務省の認証が必要) 1部
役場によっては、和訳のみ、あるいは英訳の認証が不要のこともありますので予めお問い合わせください。
►同和訳 (認証の必要はありません) 1部

*氏名変更証コピー 1部
過去に氏名を変更をされたことのある方
►同和訳 (認証の必要はありません) 1部

*離婚登録証 (もしくは家族状態登録証) 1部
離婚歴がある方。離婚後、100日以上310日未満の女性は診断書が必要。
►同和訳 (認証の必要はありません) 1部
氏名変更証も離婚登録証も役場によっては、英訳後、タイ外務省にて認証を受けなければならないことがありますので予めお問い合わせください。

タイ人配偶者個人で保管している証明書の原本は日本の役場に提出してはいけません。返ってこなくなります。原本を提出してよいのは役場に発行してもらった証明書と申述書のみです。

*****************************

役場に婚姻届出

必要書類が整えば、役場に婚姻届を出します。基本的に届け人は日本人配偶者のみで、代理申請も可能です。パスポート、免許証などの身分証明書をお忘れなく。

*本籍地以外での届出は戸籍謄本(3ヶ月以内)が必要です。
*外国人の場合、印鑑及び捺印は必要ありません。
*書類の有効期限は日本のものが3ヶ月以内に取得したもの、タイのものが6ヶ月以内に取得したものです。
*通常、日本人同士の婚姻には2人の証人が必要なのですが、役場によって対応が異なるようですので予めご確認ください。
証人が必要な場合、在留資格の申請のときに証人のことを訊ねられる可能性がありますので、なるべく、身近な連絡のとりやすい人がよいかと思われます。

*役場に届出が受理されれば、タイ人配偶者との婚姻事実が記載された新しい戸籍が編成され、日本での手続きは終了となります。新しい戸籍ができるまでの期間は役場や混雑具合によって異なります。早ければ数日内、遅ければ2週間ほどかかる場合もあるようです。役場にご確認ください。

*タイ在住の日本人配偶者とタイ人配偶者のカップルが先に日本で届けを出し、直接、新しい戸籍謄本をタイの居住地に送ってもらう場合、在タイ日本大使館の「在留証明」が必要になることがありますので、予め用意しておいた方が良いかもしれません。

日タイ国際結婚《日本で入籍後の手続き》
日本での婚姻届けが終わった!まずはおめでとうございます。しかし気を抜いてはいけません。日本領事館、タイ外務省認証、タイ郡役場。手続きはまだまだ続きます。
文化
スポンサーリンク
ushiomをフォローする
タイ国玉手箱

コメント

タイトルとURLをコピーしました